東芝の画像認識プロセッサ,中国のADASに採用

東芝は,同社の画像認識プロセッサー「Visconti4(TMPV7608XBG)」が,中国の自動車部品メーカーである浙江亜太機電股份有限公司(Zhejiang Asia-Pacific Mechanical & Electronic Co. Ltd.;以下APG)のADASソリューションに採用されたと発表した(ニュースリリース)。「Visconti」ファミリーが海外メーカー向けに量産されるのは,今回が初。

現在,中国の自動車市場において,自動車安全テストへの自動緊急ブレーキ評価の追加などを背景に,ADAS搭載車の比率が高まりつつある。それに伴い,中国における車載カメラの市場も,2030年には2019年比で約4倍に増加するなど,今後急激な拡大が予想されている。

「Visconti4」は,カメラからの入力映像を画像処理し,自車が走行している車線,車両,歩行者,標識,自転車乗員,対向車のヘッドライトなどを認識する画像認識プロセッサー。ハードウェア上で処理するため,CPUやGPUよりも低消費電力で画像認識を実行することができる。

また,同社が独自に開発した「Enhanced CoHOGアクセラレータ」を搭載しており,夜間における歩行者検知性能を強みとしている。これらの性能が評価され,今回の採用に至ったという。

なお同社は,「Visconti」ファミリーを自動車以外の分野へも拡販している。現在は多機能画像センサーや監視カメラシステムなどに採用されており,農機や建機,鉄道などでも採用に向けて検討が進んでいるとしている。

その他関連ニュース

  • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
  • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日
  • 慶大ら,スマホの持ち方をフロントカメラで推定 2022年04月28日
  • ソニー,モビリティ開発新会社を設立 2022年04月05日
  • 東芝,手のひらサイズLiDARで300m測距に成功 2022年03月18日
  • ヴァレオ,自動運転システムでホンダから感謝賞 2022年03月03日
  • SteraVision,世界初ソリッドステートLiDAR開発 2022年02月21日
  • 東大ら,自動運転用3次元ツールを開発・無償公開 2022年01月24日