島津と堀場,液クロとラマンの融合装置で協業

島津製作所と堀場製作所は,島津製作所の高速液体クロマトグラフ(HPLC,以下LC)および堀場製作所のラマン分光装置を融合させた計測機器「LCラマン」の開発・販売の協業を開始する基本契約を締結したと発表した(ニュースリリース)。

LCは生物由来の代謝物など,複雑な試料中の目的化合物の分離・定量・抽出に広く用いられてきた。しかし,LCで最も多く用いられる吸光度検出器は,糖類などUV吸収のない化合物の検出が困難であり,またUVスペクトルは定性能力の点で他の検出手法に及ばない。

一方,ラマン分光装置は,非破壊で分子構造を確認でき,分子固有のラマンスペクトル情報で精度の高い化合物定性が行なえる。ただし,複数の成分が混合した試料ではスペクトル重複が起きるため,前処理として成分分離を必要とした。

今回開発する「LCラマン」は,LCが効率的に混合試料中の成分を分離し,続いてラマン分光装置がLCによって分離された化合物の定性・定量計測を行なうもの。

従来のラマン分光装置は,数100ppmほどの成分の定性・定量計測にとどまっていたが,LCで成分分離を行ない,プレート上にスポッティングされた試料を濃縮乾固することで,1ppm以下の微量成分の検出を目指す。また,統合ソフトウェアも共同開発することで,試料の導入から分析までシームレスな運用を実現するという。

島津製作所のLCおよび堀場製作所のラマン分光装置は,それぞれ日本国内でトップシェアを獲得している。今回の協業において島津製作所は「LCラマン」を実用化するためのLC,LC周辺機器,ソフトウェアについて,開発および販売を担う。また,堀場製作所は,「LCラマン」として実用化するためのラマン分光装置,ソフトウェアの開発および販売を担う。また,早稲田大学も交え,三者共同でのアプリケーション開発を予定している。

その他関連ニュース

  • エドモンドと独UFI,パートナーシップを締結 2021年03月11日
  • OIST,海水中のマイクロプラを光学的手法で確認 2020年12月24日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日
  • 九大発ベンチャーと日本曹達,有機ELで共同開発 2020年10月23日
  • 東大ら,表面増強ラマン分光法50年来の難問を解決 2020年09月25日
  • JOLED,機内客室向けディスプレー開発で提携 2020年09月17日
  • ウシオと東芝ライテック,222nm光源器具開発で協業 2020年08月27日
  • 理研,ラマンプローブで分子の細胞内移行を可視化 2020年08月21日