ウシオ,深紫外ランプの先行納入を開始へ

ウシオ電機は,2020年9月からの販売開始を予定している深紫外光源「Care222」ユニットタイプについて,国内医療機関を対象に,8月3日より順次,先行して納入・設置を開始すると発表した(ニュースリリース

この製品は,エキシマランプと特殊な光学バンドパスフィルタを組み合わせ,人に害の無い紫外線波長域(200nm-230nm)のみを照射するもので,新型コロナウィルスの不活化への効果が期待されている。

今回,納入・設置はこれまでに問い合わせを行なっている国内医療機関に優先して販売代理店を通して開始する。新規の国内医療機関への納入・設置については,これまでに問い合わせを行なっている医療機関への設置が完了次第,順次対応するという。

また,医療機関以外の顧客への販売は9月からを予定。医療機関や公共・商業施設,交通機関等への設置を優先するため,現段階では個人向け販売の予定は無いとしている。

その他関連ニュース

  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日
  • 東大ら,コロナ変異株も不活化する光触媒を開発 2021年07月15日
  • 東芝,ウイルス抑制・除菌脱臭光触媒装置を発売 2021年07月08日