マウザー,オスラムの高出力レーザー2種を販売

ネット販売商社の米マウザー・エレクトロニクス(マウザー)は,独オスラム・オプト・セミコンダクターズ(オスラム)のレーザー「SPL S1L90A」および「SPL S4L90A」の取り扱いを開始した(ニュースリリース)。

このレーザーは,チャンネルあたり40Aで120Wという標準出力で,最大33%の電力効率を実現する。コンポーネントからの放熱は,高電流時も低い熱抵抗のために容易となる。

シングルチャンネルバージョンの「SPL S1L90A」と,4チャンネルバージョンの「SPL S4L90A」があり,さまざまなレベルの検出範囲と光出力を提供する。4チャンネルレーザーは,480Wの光出力を実現し,より長い検出範囲に適している。

今回の高出力レーザー2種は,約2nsの短パルス幅を可能にする。両製品とも,車載規格AEC-Q102認証を取得しており,小型フォームファクターのため,産業用センシング,制御・オートメーション,ビデオ監視,3Dセンシング,および歩行者保護アプリケーションのほか,省スペース設計に理想的なソリューションとなる。

優れたパッケージ設計により,組立時の精密な機械的アライメントを確保し,超低インダクタンスにより,大規模/小規模アプリケーションに最適な短パルスを実現するとしている。

その他関連ニュース

  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 東大,1つのレーザー加工穴からビッグデータ取得 2021年03月30日
  • 京大,短パルス高出力のフォトニック結晶レーザーを開発 2021年03月29日
  • SF,超小型Qスイッチレーザーを発表 2021年03月19日
  • NIFSら,環境モニタリング向け赤外光源を開発 2021年03月12日
  • 三井化学ら,有機半導体レーザーを共同開発へ 2021年03月10日
  • santec,高速波長可変光源を開発 2021年03月09日
  • 浜ホト,自由度の高いレーザー加熱加工装置を開発 2021年02月26日