DNP,オンライン診療用画像補正サービス開始

大日本印刷株式会社(DNP)は,オンライン診療向けに「画像補正サービス」の提供を開始する(ニュースリリース)。

今回,オンライン診療における色に関する課題に対して同社は,患者が自分自身を撮影する際に1cm角程度の小型のカラーチャート「CASMATCH」を頬などに貼って同時に撮影し,ネットワーク経由で専用サーバーに画像を送ることで,CASMATCHを基準に一定水準に色調を補正し,患者の画像を医師のパソコンに表示できるシステムを開発した。

このサービスにより,患者は自宅から出ることなく,病院にいる医師が患者の顔色や患部の色などを適正に見て,診断に役立てることができる。

同社は,長年培ってきた「正しい色を再現」するノウハウを活かし,テレビやデジタルカメラなどの色の基準となる「テストチャート」をはじめ,画像補正のモジュールやソフトウエアなどを提供してきた。

また,従来のHDTV放送方式の国際規格BT.709から,高精細画像4K・8Kの新国際規格BT.2020に対応したテストチャートの開発も完了している。今回開始する「画像補正サービス」については,これらの色補正に対する長年の経験とノウハウを活用しているという。

なお,CASMATCHの販売は,医療機器販売のベアーメディックが行なう。

今回の「画像補正サービス」については,専門的な医療知見と充実した医療ネットワークを有するメディカル・イノベーション・コンソーシアム(MIC)と共に,オンライン医療に関する国際標準化を進め,このサービスの質の向上と普及を加速させていくとしている。

その他関連ニュース

  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日
  • 東大ら,コロナ変異株も不活化する光触媒を開発 2021年07月15日