富士フイルム,LED搭載内視鏡システムを発売

富士フイルムは,臓器の粘膜表層の微細な血管や構造などを強調して表示する機能「BLI」や,画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調する機能「LCI」などの画像強調機能を用いて,炎症の診断や微小な病変の発見をサポートする4色のLED光源搭載の内視鏡システム「ELUXEO(エルクセオ)」を,富士フイルムメディカルを通じて2020年6月1日より発売する(ニュースリリース)。

なお,簡単に装着でき洗浄にも便利なワンステップコネクターを採用した6種類の専用スコープも同時に発売する。

今回発売するLED光源搭載の内視鏡システムは,4色のLED照明の発光強度を高精度に制御して,白色光と短波長狭帯域光を生成することができる。照射した光と画像処理を組み合わせる「マルチライトテクノロジー」により,粘膜表層の微細な血管や構造を強調するなど,目的に応じた観察画像を作り出すことが可能で,2012年発売の「LASEREO」と同等のコントラストの高い高画質な画像を提供する。

専用スコープとの接続には,光源装置に簡単に着脱でき洗浄機へのセットも容易なワンステップコネクターを採用し,検査の準備がスムーズに行なえる。さらに,スコープコネクターと光源装置のインターフェースには,電気接点を使わずに映像データの転送と電力の供給を行なう無接点技術を採用。この技術により,スコープの耐久性と信頼性の向上が期待される。

同時発売の専用の上部消化管用・下部消化管用スコープ各3種は,「LASEREO」用スコープの操作部を採用しており,グリップの把持性,アングルつまみの操作性,ボタンの押しやすさに配慮した設計とし,スムーズな検査をサポートするという。

なお,この製品はキセノン光源対応の内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」用スコープの500・600システム用スコープにも対応しており,既存スコープを引き続き利用できるとしている。

その他関連ニュース

  • ローム,微発光用途向けLEDを開発 2022年09月15日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 理研ら,市販LED照明をX線放射施設で使用可能に 2022年07月04日
  • 愛媛大ら,ロボット手術支援用腹腔内カメラを開発 2022年05月31日
  • 名工大,鱗で最高発光効率のカーボンナノオニオン 2022年05月25日
  • サンケン電気,超高演色LEDデバイスを発売 2022年04月25日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日