ヨコモリ,サーマル体表温測定システムを発売


ヨコモリ電池屋コーポレーションは,誤差±0.3と高精度の「サーマル体表温測定システム」の販売を開始した(会社HP)。

新型コロナウイルス感染の世界的広がりにより,工場,空港,公共施設,ホテルなどの施設では,サーマルカメラ(熱検知カメラ)で利用者の体温測定をするケースが増えている。この製品は,体表温測定カメラ内に恒温ターゲットを設置することで,誤差を±0.3℃に抑えることができ,無意識レベルの微熱症状も検知が可能になるという。

体表温の映像をライブ確認できるだけでなく,設定体温を超える人を見つけた際に自動でキャプチャ画像やメールを送ることができるため,管理者の作業を軽減できる。また,AI顔判別機能を導入しており,自動で個人の識別も行なうこともできるという。短時間で検知するため,待ち時間も軽減できるとしている。

その他関連ニュース

  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日
  • スタンレーら,コロナ不活化論文が学術誌に掲載 2021年07月26日
  • 東大ら,コロナ変異株も不活化する光触媒を開発 2021年07月15日
  • 東芝,ウイルス抑制・除菌脱臭光触媒装置を発売 2021年07月08日