オーテックス,UV対応の照度計シリーズを販売

オーテックスは,米International Light TechnologiesのUV照度測定システムとなる高精度照度計のシリーズ,NISTトレーサブル「ILT770」,「ILT2400」,「ILT2500」の販売を開始した(製品ページ)。

新型コロナウイルス(COVID-19)を死滅させるため医療施設では紫外線を使用した殺菌装置を使い,院内や個人用保護具を消毒する必要性が急速に求められている。その際には完全に除染するために十分なUV光の出力があるかどうかを,信頼のおける高精度の照度計で,日々安心して測ることが重要となる。

また,UV殺菌装置の開発や殺菌効果の確認,安全性,紫外線劣化の評価用にも,このNISTトレーサブルの照度測定システムや分光放射測定システムの利用が有効となる。

このうち「ILT2400」(連続光測定用),「ILT2500」(連続光+パルス光測定用)は,大型のフルカラータッチスクリーンで簡単にアプリケーションを操作できるポータブルで使いやすい照度計(メーター本体)。「ILT770」は,249~259nmの殺菌用紫外光に特化した製品となっている。

シンプルなタッチスクリーン操作により,ユーザーは,ルクス,fc,W/cm2,W,カンデラの光測定値の数値およびグラフ出力,およびジュール,J/cm2,ルクス秒などの積算線量/露光を表示できるとしている。

その他関連ニュース

  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 産総研ら,超高速・高感度ウイルス検出法を開発 2022年05月19日
  • 名大ら,コロナを不活化するエアカーテンを開発 2022年05月18日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • ウシオら,手術部位への222nmの安全性を評価 2022年04月26日
  • 東大ら,高出力深紫外LED開発しコロナ高速不活化 2022年03月18日