オリンパス,気道管理用の携帯型軟性内視鏡発売

オリンパスは,携帯型軟性内視鏡にカメラ機能を搭載した「エアウェイマネジメントモバイルスコープ」3機種を2020年3月31日に国内で発売する(ニュースリリース)。

この製品は,携帯型内視鏡に上下左右に可動する3.5型モニターを搭載し,画像記録を可能にした製品で,気管チューブの留置及び確認,気道内の観察,処置を行なうことを目的にしている。

今回発売する製品は,先端部外径3.1mmの細さに内径1.2mmの吸引・送液用管路を備えた「MAF-DM2」,先端部外径3.9mmで内径1.5mmの吸引・送液用管路を備えた「MAF-GM2」,さらに先端部外径5.1mmで内径2.6mmの大きな鉗子挿通用管路により吸引や送液だけでなく処置具の挿入が可能な「MAF-TM2」の3機種。

3種類のラインアップにより,外科手術時の気管挿管や,ICUでの気道観察,病棟での喀痰吸引や異物摘出など, 幅広い用途で使用することができる。この製品により,医療現場における多様な気道管理のニーズに対応していくことを目指すとしている。

主な特長は以下の通り。
(1)完全スタンドアローンタイプ
スコープに「モニター」「LED光源」「バッテリー」を搭載し,さらに「録画機能」も備えた完全スタンドアローンタイプの製品。観察時に周辺機器やケーブルが不要なので,気道内の観察・処置を行なう手術室や病棟,ICU,救急部門など,さまざまな場所に持ち運び使用することができる。

(2)3.5型モニターを搭載
スコープに3.5型モニターを搭載しているため,観察と手元操作が同じ視野の中で行なえる。また,モニター部分は 水平方向に左右各90度,垂直方向に120度可動するため,術者の体勢に合わせた角度の調整や,複数の 医療スタッフとの同時観察も可能となる。

(3)静止画/動画の記録・管理も可能
手術前後の気道の状態や気道内出血点,気管チューブの留置位置などを,静止画や動画でSDメモリーカードに記録することができる。

その他関連ニュース

  • ソニーとオリンパス,協業で内視鏡システムを開発 2022年09月28日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 愛媛大ら,ロボット手術支援用腹腔内カメラを開発 2022年05月31日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日
  • 理研ら,被爆しない血管内治療練習システムを開発 2022年02月28日
  • 島津,X線で捉えた内視鏡検査用器具を鮮明化 2022年02月21日
  • 神大ら,セキュアクラウドで内視鏡映像の伝送実験 2022年01月24日
  • 医科歯科大ら,潰瘍性大腸炎診断支援AIを開発 2021年11月30日