ウシオ,殺菌・ウイルス不活化装置の開発加速

ウシオ電機は,ウイルスを不活化する「222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニット」の開発に着手し,その一環として今月より国内の医療機関等において研究実験用ユニットの設置を開始する(ニュースリリース)。

222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニットは,ウイルスや細菌の付着が疑われる建材や器具,衣服に対して波長222nmの紫外線を直接照射することでウイルスの不活化や,細菌の殺菌をするもの。

従来,紫外線によるウイルス不活化や細菌の殺菌には,波長254nmの紫外線が用いられてきたが,皮膚傷害が発生するリスクが高く,人体への直接照射は避けられてきた。

しかし,今回同社が開発を進める波長222nmの紫外線の場合,ウイルスの不活化や細菌の殺菌能力はそのままに,人体に直接照射しても急性障害である紅斑が発生しないことが臨床試験で確認されているという。

同社では,このユニットの一日も早い製品化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • ウシオら,222nmの眼の安全と不活化の両立を実証 2022年09月29日
  • 東大ら,光触媒でレジオネラ菌を殺菌し機構を解明 2022年08月31日
  • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
  • ウシオ,広範囲向け抗ウイルス・除菌用光源を発売 2022年05月26日
  • 東北大,インフルRNAと結合する蛍光プローブ開発 2022年05月24日
  • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
  • ウシオら,手術部位への222nmの安全性を評価 2022年04月26日
  • 東大ら,高出力深紫外LED開発しコロナ高速不活化 2022年03月18日