ウシオ,殺菌・ウイルス不活化装置の開発加速

ウシオ電機は,ウイルスを不活化する「222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニット」の開発に着手し,その一環として今月より国内の医療機関等において研究実験用ユニットの設置を開始する(ニュースリリース)。

222nm紫外線殺菌・ウイルス不活化ユニットは,ウイルスや細菌の付着が疑われる建材や器具,衣服に対して波長222nmの紫外線を直接照射することでウイルスの不活化や,細菌の殺菌をするもの。

従来,紫外線によるウイルス不活化や細菌の殺菌には,波長254nmの紫外線が用いられてきたが,皮膚傷害が発生するリスクが高く,人体への直接照射は避けられてきた。

しかし,今回同社が開発を進める波長222nmの紫外線の場合,ウイルスの不活化や細菌の殺菌能力はそのままに,人体に直接照射しても急性障害である紅斑が発生しないことが臨床試験で確認されているという。

同社では,このユニットの一日も早い製品化を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • 東芝,ウイルス抑制・除菌脱臭光触媒装置を発売 2021年07月08日
  • 広島大,コロナ変異株に222nmの有効性を確認 2021年07月06日
  • 理研ら,深紫外線によるコロナ不活化の原因を解明 2021年07月06日
  • 三菱ら,50W深紫外ピコ秒レーザー加工機を開発 2021年06月22日
  • 阪大,微細加工で超小型波長変換デバイスを実現 2021年06月07日
  • 富山大,プラズモンによる殺菌方法を提案・検証 2021年05月20日