JOLED,印刷式OLEDディスプレーライン稼働

JOLEDは,同社能美事業所に構築した,世界初の印刷方式有機ELディスプレー量産ラインの稼働を開始すると発表した(ニュースリリース)。

同事業所の量産ラインは,基板サイズG5.5(1,300×1,500mm),月産2万枚(ガラス基板投入ベース)の生産能力を備える。

独自の印刷方式のメリットを生かし,1. 高精細印刷技術による高性能・高品質な製品,2. RGB OLEDとしては最大基板サイズを高速印刷(同社比)で一括成膜する高い生産性,3. 高速段取替・機種交換による多品種対応力,が特長だとしている。

同社は,2018年7月に能美事業所を開設して以降,新棟建設,設備搬入,ラインの構築を進めてきた。今回,量産ラインの稼働を開始し,2020年の量産開始に向け,顧客に提供するサンプルの試作を順次進めていく。

今回の独自の印刷製造方式により,中型・高精細の有機ELディスプレーを効率的に生産することができるとし,高性能・高品質な有機ELディスプレーを,ハイエンドモニター,医療用モニター,そして車載などの用途向けに生産し,有機EL市場の中型領域に変革を起こしていくとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,励起一重項と三重項のエネルギー逆転を実現 2022年09月15日
  • 2030年MicroLED市場,1兆1200億円に 2022年09月08日
  • トーヨーカラー,青色光カット剤でOLED長寿命化 2022年07月28日
  • 2027年,中小型AMOLED市場は3兆9,701億円に 2022年07月28日
  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • 茨城大ら,凝集状態で円偏光発光する機構を解明 2022年06月13日
  • 農工大ら,有機自発配向分極薄膜の極性と電位制御 2022年05月31日
  • 出光,青色OLEDの発光効率と長寿命化に成功 2022年05月16日