ショットら,人間中心の機内照明を開発

独ショット,独ジェットライト,アラブ首長国連邦のエティハドエンジニアリング,独ルフトハンザテクニックは,ドバイ航空ショー2019で,新しい「人間中心の照明」技術をさらに探求および促進し,それを市場に投入するための協力を表す式典に署名した(ニュースリリース)。

今回の協力の目的は,キャビン照明システムにおけるショットの専門知識,時差ぼけを減らすためのジェットライトの全体的かつ科学的に証明されたソリューション,エティハドエンジニアリングおよびルフトハンザテクニックの航空機システム統合,設計認証,および革新能力に関する専門知識を組み合わせることにあるという。

共同開発されたシステムは,ショットのLEDキャビンイルミネーションテクノロジー「HelioJet」を利用して,キャビン全体で均一な配光と高い色安定性を実現する。そしてルフトハンザテクニックのキャビン照明制御システム「»nice«」に統合されたジェットライトのインテリジェントオートメーションソフトウェアと組み合わされている。

新しい照明パイロットテクノロジーは,客室乗務員が介入することなく,飛行ルートとフェーズまたは希望する照明振り付けに最適な照明配列を恒久的に計算して実行する。

エティハドエンジニアリングとルフトハンザテクニックは,航空機とシステムの統合,認証,検証に関する数十年にわたる経験をパートナーシップにもたらし,設計および部品製造の開発能力に貢献しているという。

これら開発協力の結果,時差ぼけや頭痛を軽減し,より高い集中力とエネルギーレベルを可能にすることにより,マルチタイムゾーンフライトでの航空旅行者の幸福にプラスの影響を与える自動キャビン照明シナリオに効果的なシステムになったとしている。

その他関連ニュース

  • 理研ら,市販LED照明をX線放射施設で使用可能に 2022年07月04日
  • 京大ら,光誘導物質による体内時計同調機構を発見 2022年05月27日
  • サンケン電気,超高演色LEDデバイスを発売 2022年04月25日
  • 北大ら,光の入射角度の生物時計への影響を発見 2022年01月21日
  • 東芝ライ,IoTスマート道路灯を実証実験 2022年01月12日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日