santec,廉価版の波長可変光源を発表

santecは,高出力化を実現させた廉価版波長可変光源「TSL-350」を発表した(ニュースリリース)。受注開始は2019年10月1日,価格は200万円から。

この製品は,レーザー共振器を最適化し,連続(CW)発振でピークパワー16dBm以上(全域13dBm以上)と,従来比2倍の高出力を実現する。

またこの製品は,同社の「TSL-550」の廉価版モデルにあたり,1260-1620nmの広範囲から最大100nmを選択可能で,モードホップフリー/シングルモード発振,波長掃引機能,Fine tuning機能,フィードバック制御によるパワー可変機能等の基本性能を備える。光通信の光部品評価現場,R&Dなど様々なアプリケーションに適しているという。

その他関連ニュース

  • 光響,CW 500Wレーザークリーナーを発売 2021年09月14日
  • トプティカらのレーザー,天文台の試験に合格 2021年09月13日
  • 光響,レーザー加工サービスの提供開始 2021年09月07日
  • オプトクエスト,近赤外SC光源を発売 2021年09月02日
  • アストロン,ハンドヘルドレーザー溶接機を発売 2021年08月26日
  • 浜ホト,ガス検知向けに世界最小のQCLを開発 2021年08月18日
  • 阪大ら,10億気圧の光のエネルギー閉込めに知見 2021年07月07日
  • 浜ホト,世界最高出力の産業用パルスレーザー開発 2021年06月28日