KDDI,AIによるクライミング分析システムを開発

KDDIとKDDI総合研究所は,2019年8月17日の国際スポーツクライミング連盟が主催する「IFSC世界選手権2019八王子」スピード決勝戦において,KDDI総合研究所の技術「スポーツ行動認識AI」を活用したクライミング分析システムを提供した(ニュースリリース)。

このシステムは,単眼のカメラ映像から骨格などの動きを捉え,選手の姿勢,移動軌跡や移動速度をリアルタイムに認識する「スポーツ行動認識AI」を活用したシステム。画像認識により出場選手の競技記録を計測し,世界記録バーとともに,リプレイ動画として会場に設置している大型ディスプレーに表示する。

同社はこのシステムにより,壁をいかに早く駆け登れるかを競うスピードクライミングを大型スクリーンで世界記録と比較しながら応援することが可能となり,より迫力のある新たな観戦体験とともに,大会を盛り上げるとしている。

その他関連ニュース

  • NEDOら,液晶がナノ構造化する際の新現象を発見 2021年09月10日
  • 阪大,深層学習向けに航空写真の雲を自動除去 2021年08月23日
  • 東大ら,はいまわる細胞の形をAIで数理的に描像 2021年08月18日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • 横市大ら,気孔を認識するAI顕微鏡システムを開発 2021年07月29日
  • NECのAI内視鏡画像解析技術,CEマークに適合 2021年07月14日
  • NAOJ,AIで暗黒物質の観測データからノイズを除去 2021年07月05日
  • DNP,粒子画像解析ソフトを開発 2021年06月03日