KDDI,AIによるクライミング分析システムを開発

KDDIとKDDI総合研究所は,2019年8月17日の国際スポーツクライミング連盟が主催する「IFSC世界選手権2019八王子」スピード決勝戦において,KDDI総合研究所の技術「スポーツ行動認識AI」を活用したクライミング分析システムを提供した(ニュースリリース)。

このシステムは,単眼のカメラ映像から骨格などの動きを捉え,選手の姿勢,移動軌跡や移動速度をリアルタイムに認識する「スポーツ行動認識AI」を活用したシステム。画像認識により出場選手の競技記録を計測し,世界記録バーとともに,リプレイ動画として会場に設置している大型ディスプレーに表示する。

同社はこのシステムにより,壁をいかに早く駆け登れるかを競うスピードクライミングを大型スクリーンで世界記録と比較しながら応援することが可能となり,より迫力のある新たな観戦体験とともに,大会を盛り上げるとしている。

その他関連ニュース

  • 東大,光反射特性から水田の分布変化を地図化 2022年08月25日
  • 早大ら,実験を電子ノートで記録し解析するAI開発 2022年08月24日
  • 日本病理学会ら,胃生検の病理診断支援AIを開発 2022年08月18日
  • 東北大,眼科検査画像に対するAIモデルを開発 2022年06月16日
  • エビデント,デジタルイメージングシステムを発売 2022年06月14日
  • 東大ら,AIで量子指紋を解読しナノ微細構造を復元 2022年06月09日
  • 農研機構,イチゴの生育センシングシステムを開発 2022年05月17日
  • 慶大ら,スマホの持ち方をフロントカメラで推定 2022年04月28日