NSG,英事業所で太陽光発電設備が稼働

日本板硝子(NSG)は,同社NSG欧州技術センターの年間電力の約3割を供給する太陽光発電設備が,7月4日から稼働開始したと発表した(ニュースリリース)。

同設備には,同社の顧客である米ファーストソーラーの太陽電池パネルが設置され,パネルにはNSG欧州技術センターで開発されたNSGのガラスが使用されている。

英ライトソースBP(エネルギー大手のBPが戦略的に提携した,欧州大手の太陽光発電開発企業)の設備負担による新規設備は,2.29MWpの発電容量を備え,CO2の年間排出量を848トン削減できる見通しという。同社は発電した電力をライトソースBPより購入するとしている。

その他関連ニュース

  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • NTT-AT,無色透明発電ガラスの販売を開始 2021年09月09日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • 2035年PV導入量,2020年2.1倍の1億4,100万kWに 2021年07月06日
  • AGCの太陽光発電ガラス,産総研のキャノピーに 2021年06月29日
  • NIES,太陽光発電の環境への影響を評価・予測 2021年03月30日
  • 国環研,PVとEVが都市の脱炭素化に有効と解明 2021年01月15日
  • 三井化学とIBM,太陽光発電の新ビジネスで協業 2020年12月17日