シャープ子会社,両面太陽光パネルを灌漑設備に納入

Sharp Energy Solutions Europe(SESE)は,国際食料政策研究所(IFPRI)がエジプトのファイユーム農村地域に導入する太陽光灌漑設備プロジェクト向けに,両面受光型太陽光パネル4900枚(出力規模計462kW)を納入すると発表した(ニュースリリース)。納入時期は2023年11月中旬予定。

このプロジェクトは,ファイユーム農村地域を流れる用水と同地域に点在する15カ所の灌漑設備に,太陽光発電を動力源とした給水ポンプを導入することにより,小規模農家への灌漑用水の供給手段を改善するもの。

中東・北アフリカ地域におけるサステナブルな農業の促進および食料安全保障の課題に対処するプロジェクトとして,日本の外務省が支援を行なっている。

夕方や夜間には太陽光発電システムの出力が大きく低下するため,このプロジェクトでは,太陽光発電システムとディーゼル発電または系統からの電力を組み合わせたハイブリッドシステムを採用したという。

太陽光発電システムの導入により,ディーゼルや系統駆動に必要な燃料・電気代をおよそ50%賄え,灌漑が昼間のみに限定される場合は,燃料・電気代を100%近く削減できる見込みだという。

また,灌漑コストの削減のみならず,農業用水の安定供給により,野菜や果物など食料の生産性の向上,雇用機会の創出などにも貢献するとしている。

その他関連ニュース

  • 大成建設ら,窓と太陽光発電システム置換工法を開発 2024年02月21日
  • 東北大,太陽光発電とEV活用が脱炭素化に貢献と試算 2023年09月12日
  • 産総研ら,持続的な社会と太陽光発電について提言 2023年05月31日
  • 古河電工,蓄電システムの実証実験を開始 2023年04月04日
  • 東北大,ソーラーEVシティー構想を東南アジアで検証 2023年01月06日
  • 三井化学,多数分散型太陽光発電向け診断サービス 2022年08月03日
  • 金工大,ZEHの経済性評価シミュレーターを開発 2022年06月10日
  • シャープ,実用サイズのフレキシブルPVで32.65% 2022年06月07日