富士通の静脈認証装置,国際規格FIDOに対応


富士通フロンテックは,手のひら静脈認証装置「FUJITSU 生体認証 PalmSecure Fシリーズ」(以下,PalmSecure Fシリーズ)向けの認証用ソフトウェアを新規開発し,次世代オンライン認証の国際標準規格「FIDO」に対応した(ニュースリリース)。

近年,なりすましやフィッシングなどの不正アクセス被害が拡大し,これらの攻撃への対応強化のためパスワードが複雑化し,オンラインサービスの利便性と安全性の両立が難しくなっている。その対策として,より使いやすく,より安全にオンラインサービスを利用するためにパスワードに頼らない認証方法の整備が進められている。

同社は,「PalmSecure Fシリーズ」を「FIDO」対応の認証器として使用できるよう,安全なオンライン認証を実現する上での国際標準である「FIDO UAF」および「FIDO2」に準拠した認証用ソフトウェアを新規開発し,オンラインにおける安全な認証の世界標準を提唱する「FIDO Alliance」より認定を取得した。

認証用ソフトウェアは,今年7月より,富士通の「オンライン生体認証サービス」のオプションに追加された。これによりWindows環境下のインターネット・オンラインサービスにおいて,世界で初めて静脈パターンを使ったFIDOサービスとしてパスワードレスを実現し,利便性の向上と安全性の強化を両立させたという。

これまで指紋,虹彩,顔などの生体認証器が「FIDO」 で利用されていたが,「PalmSecure Fシリーズ」が新たに認証器として利用可能となったことで,より高い精度での認証が可能になるとしている。

その他関連ニュース

  • 富士通研,マルチ生体認証システムを開発 2021年01月21日
  • NEC,画像認識とサーマルカメラの感染対策発売 2020年07月02日
  • 22年セキュリティ関連市場,8.9%増の1兆741億円 2020年01月21日
  • NEC,歩行中の虹彩認証技術を開発 2019年11月06日
  • 富士通,生体情報を暗号化したまま認証 2019年08月02日
  • NEC,生体認証・映像分析事業を強化 2019年06月21日
  • NEC,生後2時間の新生児の指紋認証に成功 2019年06月20日
  • 富士通の静脈認証,韓国の搭乗サービスに導入 2019年03月27日