NEC,画像認識とサーマルカメラの感染対策発売

NECは,生体認証・映像分析技術とサーマルカメラを組み合わせた,新型コロナウイルス感染症をはじめとする感染症対策ソリューションの販売を開始する(ニュースリリース)。

これは,同社の生体認証「Bio-IDiom」の中核技術である顔認証技術,施設の混雑度を見える化する映像分析技術,体表温度を非接触で測定するサーマルカメラを組み合わせて,人が密集する場所での水際対策と感染リスク低減に貢献するソリューションを提供するもの。これにより実現する機能は以下の通り。

① 水際対策に適した非接触の体表温度測定,顔認証入場管理
顔検出技術とサーマルカメラを組み合わせることで,来訪者の体表温度の測定を非接触かつスムーズに実現する。また顔認証技術も活用することで,施設への入場時に設定値以上の体表温度が確認された場合は,対象者の顔情報と併せて管理者に通知し検温を促すこともできる。

学校や企業においては,日々の情報を蓄積することで健康管理や労務管理などにも役立てることができる。サーマルカメラについては,日本アビオニクスの協力により,高精度な体表温度の測定を可能にしたとしている。

② 施設内での感染リスク低減を支援する,人数カウント,混雑度モニタリング,マスク未着用者検知機能
映像分析技術を活用した施設内の人数カウントと混雑度モニタリングにより,入場者数の管理,サイネージへの混雑度表示,管理者への通知などを行なうことができる。これにより,来場者へのソーシャルディスタンスの喚起や誘導を行なうことも可能となるため,密集の抑止を実現する。

また,映像からマスク着用の有無をリアルタイムに検知することで,未着用者にサイネージを通じて気づきを与えたり,管理者に通知して直接声がけを行ったりすることで,感染リスクの低減を支援する。

同社は8月末より,体表温度測定を基本機能として備えたベーシックなモデルを提供するとともに,混雑度モニタリングやマスク未着用者検知などの機能を拡充したモデルも順次発売する予定としている。

<

その他関連ニュース

  • 岡山大,PCによる手軽な画像自動分類AIを開発 2021年10月19日
  • 京都府大,抗体担持の不織布マスクでコロナ可視化 2021年10月01日
  • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
  • 凸版,空中ディスプレーの視野角と明瞭度を改善 2021年09月17日
  • エーシック,超小型深紫外LEDモジュールを開発 2021年09月09日
  • スタンレー,深紫外LED搭載空気除菌脱臭機発売 2021年08月23日
  • ITA,発熱者用サーモグラフィ運用ガイドを発行 2021年08月19日
  • 電通大,安価で粗悪なCO2センサの識別法を提案 2021年08月17日