日立のステレオカメラ,スズキの軽に採用

日立オートモティブシステムズは,同社の夜間の歩行者検知機能を有するステレオカメラが,今月販売する安全装備充実の仕様変更したスズキの軽商用車「エブリイ」および,軽乗用車「エブリイワゴン」に採用されたと発表した(ニュースリリース)。

近年,世界自動車生産台数に占める緊急自動ブレーキなどのアクティブセーフティシステムの装着率が上昇し,外界を認識するカメラなどのセンサーの市場規模も拡大している。

国内では,新車販売台数における40%近くを軽自動車が占めており,今後,ユーザーにおける需要の高まりとともに,軽自動車へのセンサー装備拡大が見込まれている。

今回仕様変更された2車種には,車線逸脱警報機能,ふらつき警報機能,先行車発進お知らせ機能などの先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance System:ADAS)が装備された。

さらにスズキの車種では「ソリオ」「ソリオバンディット」が装備している「夜間歩行者検知による衝突被害軽減ブレーキ」と同じ機能が,今回仕様変更された2車種にも追加されており,いずれの車種も同社ステレオカメラの夜間歩行者検知機能が導入されている。

この機能は,同社独自の機械学習技術を活用したもので,膨大な画像の教師データをステレオカメラに入力することで,これまで困難であった高精度な夜間の歩行者検知を実現しているという。

その他関連ニュース

  • OKI,車載カメラのフォギング試験サービスを開始 2021年08月31日
  • 静岡大ら,「まぶしい」ときの脳活動の過程を解明 2021年08月17日
  • 2030年車載ECU市場,19年比75%増の15兆5,819億円 2021年06月21日
  • パナの大画面HUD,三菱の新型車に採用 2021年05月27日
  • 2030年自動運転市場,2019年比647倍に 2021年04月12日
  • AGCのガラススクリーン,タクシーでの広告に採用 2021年03月18日
  • オンセミ,車載LiDAR向けSiPMアレーを発表 2021年03月04日
  • ams,ドライバー監視用VCSELを発売 2021年01月20日