ニコン,ディープラーニング企業へ出資

ニコンは,コンピュータービジョンおよびディープラーニングに関するソフトウェアを手掛ける,カナダのベンチャー企業wrnch,Inc.(wrnch:レンチ)へ7.5百万米ドルの出資を実施した(ニュースリリース)。

同社はwrnchとのリソースを組み合わせることで新たなシナジーを創出し,映像事業の領域を拡大できると判断したため,今回の出資を決定したという。

wrnchは2014年に設立,ディープラーニングを用いて,コンピュータで人間の動きや活動を把握・分析するツールやSDK(Software Development Kit:ソフトウェア開発キット)を開発・提供している。強みである姿勢解析技術を活かし,大手エンターテインメント企業や通信会社などへの技術提供,協業を行なっている。

今後は,ニコンの光学技術およびニコンの子会社であるMark Roberts Motion Control Limitedの自動追尾撮影技術と,wrnchの姿勢解析技術などを融合することで,主にスポーツ市場における自動撮影ソリューションの強化を図っていく。またAIなどを活用して,新たな映像体験の提供を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • NEDOら,液晶がナノ構造化する際の新現象を発見 2021年09月10日
  • 阪大,深層学習向けに航空写真の雲を自動除去 2021年08月23日
  • 東大ら,はいまわる細胞の形をAIで数理的に描像 2021年08月18日
  • IDS,AI搭載3Dカメラを発売 2021年08月16日
  • 横市大ら,気孔を認識するAI顕微鏡システムを開発 2021年07月29日
  • NECのAI内視鏡画像解析技術,CEマークに適合 2021年07月14日
  • ニデック,眼底診断向け光干渉断層計を発売 2021年07月08日
  • NAOJ,AIで暗黒物質の観測データからノイズを除去 2021年07月05日