日板,米企業と太陽光発電窓ガラスを開発へ

日本板硝子は,子会社を通じて透明な太陽光発電技術を扱う米ユビキタスエナジーと,同社の透明な太陽光コーティングである「ClearView PoweTM」技術による太陽光発電が可能な建築用窓ガラスの共同開発に合意した(ニュースリリース)。

ClearView Powerは,可視光を透過しながら,非可視光(紫外線と赤外線)を選択的に吸収し,視界を遮らずに周囲の光を電気に変換する。標準的なガラス製造過程で建築用窓にそのまま使用することができ,建物一体型太陽光発電(BIPV)による再生可能エネルギーの創出を可能とする。

さらに,この製品は赤外線太陽熱を遮断し,建物のエネルギー効率を上げることで,ゼロエネルギー建物の実現に寄与するという。同社は,進行中の研究開発と技術サポートにより共同開発に参画している。

その他関連ニュース

  • 香川大,開放電圧が大幅に向上する光起電力を発表 2021年12月01日
  • 名市大ら,可視光レーザーで殺菌・不活化に成功 2021年11月24日
  • 東大ら,ガラスを安定化する新たな方法を発見 2021年11月18日
  • 竹中電子,熱材位置検出センサーを発売 2021年11月08日
  • 佐賀大ら,中間バンド型太陽電池の光吸収電流増加 2021年11月02日
  • ルケオ,3000nm対応全自動近赤外歪検査器発売 2021年10月20日
  • ソーラーフロンティア,CIS太陽電池の製造終了 2021年10月12日
  • エイブリックら,オーロラ観測用紫外線カメラ開発 2021年09月30日