ニコン,ASMLとZeissとの特許訴訟で和解

ニコンは,2019年1月23日(日本時間),オランダASML Holding N.V.(ASML)および独Carl Zeiss SMT GmbH(Zeiss)と、露光装置およびデジタルカメラの特許に対する全ての訴訟手続の包括的和解に関し,基本合意覚書を締結したと発表した(ニュースリリース)。

この基本合意覚書は法的拘束力を有し,3社間で行なわれている,欧州,日本,米国国際貿易委員会(ITC)を含む米国における全ての訴訟が対象。3社は,本年2月に,和解およびクロスライセンスに関する最終契約を締結し,3社間の全ての訴訟を取り下げる予定だとする。

なお,基本合意覚書の条件には,ASMLおよびZeissからニコンに対する,総額150百万ユーロ(約190億円)の支払いが含まれる。さらに,最終契約の締結日から10年間,液浸露光装置の年間の売上高の0.8%に相当する金額のライセンス料を相互に支払うクロスライセンスの合意も今回の基本合意覚書に含まれている。

その他関連ニュース

  • ギガフォトン,最先端液浸露光光源が本格稼働 2021年11月02日
  • ニコン,中小型パネル向け露光装置を発売 2021年10月26日
  • ニコン,半導体デバイス用ArF液浸スキャナー開発 2021年10月20日
  • TEL,次世代EUV露光装置に塗布現像装置を導入 2021年06月11日
  • ギガフォトン,微細化対応リソグラフィ光源を量産 2020年12月22日
  • EVG,量産対応マスクレス露光装置を発表 2020年10月19日
  • キヤノン,解像力1.0μmの露光装置を発売 2020年06月24日
  • ナイトライド,半導体露光用UV-LEDを発売 2020年05月22日