アマダ,パンチ・レーザー複合マシンを発売

アマダは,パンチングとレーザ加工の高速化と高品位化をともに実現する高速パンチ・ファイバーレーザー複合マシン「EML-AJ」シリーズを開発し,販売を開始する(ニュースリリース)。

複合マシンは,パンチングとレーザの両機能を統合し,板金加工における切断・穴あけ・成形・タップの加工工程を1台で行なえるマシン。

同社は,ファイバーレーザーを搭載した複合マシンとして,省エネ,低コストで工程統合を実現する,コンパクトな「LC-C1AJ」シリーズ,および変種変量生産,長時間連続運転を可能とし,パンチングの高品位加工が特徴的な「ACIES-AJ」シリーズを展開している。

今回,パンチングとレーザの加工品質を向上させ,高生産性,長時間の自動化対応などをさらに追求して総合力を高めた「EML-AJ」シリーズを追加した。このシリーズは,ベストセラーのパンチングマシンの単体機「EM」シリーズと同等のパンチングプレス能力(300kN)をはじめとして,これまで単体機で実績のあるパンチング機能を全て網羅した。

また,パンチング金型を搭載するタレットには,上下異径(φ1010mm,φ1200mm)のZタレットのほか,大容量タレット(φ1200mm)の搭載が可能となった。さらに,ヒットレート(時間当たりのパンチ打数)を従来機比で25%向上させ,パンチング加工において,同社の複合マシン随一の高速化を実現したとしている。

この製品は,発振効率の高い3kWのファイバーレーザ発振器と新しい光学系を組み合わせて,光の品質をより向上させるとともに,アシストガスの整流化技術により,従来機と比較して高品位加工が可能となり,切断速度が3倍となる高速化を実現するという。さらに,消費電力は1/3に低減している。

なおこの製品は,金型自動交換装置(PDC),自動ノズルチェンジャー,レーザスクラップ自動搬出,カッティングプレートの自動清掃機能など,豊富な自動化オプションを組み合わせることで,最大12時間から24時間の連続運転が可能となり,運用に合わせた長時間連続運転を自動化するシステムを容易に構築することができる。販売価格は130,300千円(税別)~。

その他関連ニュース

  • 光響,100Wレーザーエングレービングを発売 2021年05月18日
  • アストロン,洗浄用ファイバーレーザーを発売 2021年04月12日
  • 光響,高精度ファイバーレーザー加工機を発売 2021年03月01日
  • 浜ホト,自由度の高いレーザー加熱加工装置を開発 2021年02月26日
  • 光響,UVレーザーマーカーを発売 2021年02月24日
  • 光響,MOPA型ファイバーレーザーマーカーを発売 2021年02月10日
  • 古河電工,18kWファイバレーザーを開発 2020年11月30日
  • 古河電工ら,モーター用レーザー溶接機を開発 2020年11月27日