パイオニアの3D-LiDAR,ルネサスの「R-Car」に対応

パイオニアの「3D-LiDARセンサー」が,ルネサスエレクトロニクス(ルネサス)の自動運転時代の車載コンピューティング・プラットフォームとして利用可能な車載情報システム用SoC「R-Car」に対応した(ニュースリリース)。

ルネサスがセンシングソリューション統合デモ用に開発したデモカー「Etoile(エトワール)」に,同社の「3D-LiDARセンサー」が前方障害物検知センサーとして搭載され,自動駐車や自動運転に利用されている。

3D-LiDARセンサーは,レーザー光で対象物までの正確な距離を測定し,遠方や周辺の状況をリアルタイムかつ立体的に把握できるため,レベル3以上の自動運転の実現に不可欠なキーデバイスといわれている。

同社は2020年以降の量産化を目指し,高性能で小型かつ低コストなMEMSミラー方式の3D-LiDARセンサーの開発を進めている。また2018年9月下旬より,MEMSミラー方式で計測距離が異なる「3D-LiDARセンサー」3種4モデルを国内外の企業に順次提供開始している。

その他関連ニュース

  • 横国大ら,新方式ライダーを開発 2021年10月25日
  • リコーら,フォークリフト用ステレオカメラ開発 2021年10月18日
  • 東北大ら,vSLAMの処理時間を1/60に削減 2021年10月13日
  • 北陽電機,LiDARスタートアップと協業 2021年09月29日
  • NECら,バックホウ自律運転の実証実験を実施 2021年09月14日
  • ソニー,LiDAR向け積層型SPAD距離センサー発表 2021年09月07日
  • 光響,地上設置型LiDARを発売 2021年08月26日
  • 日板のHUD対応ガラス,ベンツの最新モデルに採用 2021年08月05日