京セラ,印刷用高出力空冷LED-UV照射機を発売

京セラは,プリンティングデバイス事業の新製品として,インクジェット方式の広告看板用途を中心に,各種UV印刷や,接着,コーティングなどに用いられる産業用硬化光源となる,空冷式LED-UV照射機「G5Aシリーズ」を開発した(ニュースリリース)。

UV印刷は,紫外線(UV)を照射してインキを硬化,定着させる印刷方式で,瞬時硬化で生産性が高い点や,多種多様な素材に印刷できる点で注目されている。また,光源には,消費電力削減によるCO2抑制やオゾンが発生しない環境配慮の点から,近年ではLEDが注目されている。

UV硬化用光源の市場は2019年までに300億円以上に拡大すると予想されており,特に,広告看板用途などの産業用インクジェット印刷の分野で,高出力タイプの空冷式LED-UV照射機が求められている。

新製品は,独自の高熱伝導性セラミック基板とモジュール放熱設計により,LED素子の高密度実装が可能となり,従来の高出力品(16W/cm2)の約半分まで小型化しながら,世界最高出力の照度24W/cm2を実現。さらに,硬化性の重要な指標となる積算光量350mJ/cm2(50m/min時)を達成したことにより,水冷式に匹敵する高速硬化性を実現した。

これによりインキ硬化性能が向上し,UV印刷を高速化する。また,高出力でありながら空冷式を採用しているため,チラー装置などの付帯設備が不要となり,設備導入コストの低減が図れる。さらに,連結可能なユニット構造を採用したことにより,印刷装置に合わせた照射幅のカスタマイズも可能となっている。同社ではこの製品の2019年度の販売目標を10億円に設定している。

その他関連ニュース

  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日
  • 【光フェア】カンタム・ウシカタの露光用紫外光源 2021年11月17日
  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • ams OSRAM,超小型環境光センサーを発表 2021年10月14日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 北大,室温動作スピンLEDの開発と評価に成功 2021年07月15日
  • 日亜,高圧ナトリウムランプ代替LEDを開発 2021年07月13日