名大ら,細胞ラベリング用低毒性量子ドットを開発

名古屋大学の研究グループは,村田製作所の開発・製造ならびに、富士フイルムグループ和光純薬工業と共同で,4K,8Kディスプレイーや太陽電池に応用されている最先端量子ドット技術を駆使して開発したiPS細胞等の幹細胞の高感度イメージングが可能な量子ドットを,幹細胞ラベリング用超低毒性量子ドット「FluclairTM」試薬として商品化した(ニュースリリース)。

今回,商品化される量子ドット「FluclairTM」は,カドミウム等の毒性成分を含まないため,従来の量子ドットと比較して細胞毒性が大きく低減され,従来では困難であった強い蛍光強度を有する量子ドットの高濃度での使用を可能にした。

また,発光する波長ごとに「Green」,「Yellow」,「Red」の3種類をラインナップし,ユーザーが保有するイメージング機器や他の蛍光試薬の使用に応じて,最適な蛍光波長を選択できるようになっている。

この試薬は量子ドットのバイオ応用にスムーズに展開できるように設計されているため,これまで量子ドットの使用経験が乏しかった研究者にも非常に簡便に利用できるという。

この試薬の商品化により,多くの幹細胞のイメージングが求められる基礎試験に利用されることで,今後の再生医療の実現・加速への貢献が期待されると同時に,他の細胞治療研究や分子イメージング研究にも将来的に応用される可能性も期待されるとしている。

その他関連ニュース

  • 熊本大ら,微量のがん細胞で発光強度の増大に成功 2021年09月01日
  • 熊本大,蛍光で細胞周期阻害物質を探索 2021年08月27日
  • 阪大,バクテリア由来の発光タンパク質を高光度化 2021年08月24日
  • 阪大,細胞内を0.1℃で計る蛍光タンパクを開発 2021年08月23日
  • 関医,肝・胆道がんの診断・治療に新手法を開発 2021年08月17日
  • 金沢大,細胞内相分離を評価する蛍光プローブ開発 2021年08月16日
  • 量研機構ら,量子操作で蛍光検出効率を100倍に 2021年08月03日
  • 府大ら,ゲルでがんの迅速透明化と3次元蛍光観測 2021年08月03日