日亜,超高演色白色LEDを発売

日亜化学は,効率よく,基準の光のスペクトル形状により近づけることに拘った白色LED「Optisolis™」を発売する(ニュースリリース)。

この製品は,同社が培ってきた青色チップと蛍光体の技術を用いており,あらゆる色味を基準の光の下での色味に忠実に再現することができるとしている。演色評価数についても,現在,一般照明で広く使われている演色性の高い従来商品に比べても大きく改善している。

また,UV(紫外)放射がほぼ含まれないため,UVを含む光源に比して,照射物の劣化を最小限に留めることができるという。

照射物の損傷への影響が少なく,色を忠実にみせることが望ましい博物館,美術館照明や,色の忠実な再現が必要な色評価用照明(例:塗装評価,印刷物評価)及び商業用照明などに特に適しているとしている。

将来的には,一般照明(住宅用)を含む,幅広いアプリケーションへの展開を目指す。

その他関連ニュース

  • ams OSRAM,園芸用LEDを発表 2021年11月09日
  • パナ,人に「回遊」や「滞留」を促す照明法を提案 2021年10月21日
  • トライテラス,内視鏡用青色照明を⼤学病院へ導⼊ 2021年10月14日
  • 山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発
    山形大ら,良質な睡眠が得られる有機EL照明を開発 2021年09月10日
  • 産総研ら,LEDを用いた標準光源を開発 2021年08月30日
  • 日亜,人にやさしい照明を共同開発 2021年08月23日
  • 2025年照明世界市場,7兆6,298億円に 2021年08月19日
  • 摂南大ら,街の照明が昆虫の冬眠を妨げると証明 2021年07月16日