三菱電機のLiDAR,電気科学技術奨励賞を受章

三菱電機は,同社の「波長1.5μm帯風計測LiDARの開発と実用化」が,平成29年度「第65回電気科学技術奨励賞」を受賞したと発表した(ニュースリリース)。

これは,世界で初めて,人の目に対し最も安全な波長1.5μm帯のレーザー光を用いて,見えない風を可視化する風計測LiDARを開発・実用化したことが評価されたもの。

風力発電では,発電所を設置するための風況計測として地上に設置したLiDARを用いることで,上空風の風向・風速計測が可能となり,風況および発電量の予測精度が大幅に向上する。

航空安全では,従来は雨天時のみ可能だった空港周辺の乱気流検出が,このLiDARの実用化により全天候下で可能となった。さらに,気象予報においては,ゲリラ豪雨の予兆となる上昇気流の検出が容易になった。

その他関連ニュース

  • 北陽電機,ソリッドステート3D LiDARを発売 2024年05月22日
  • 【OPIE】浜松ホトニクス,MPPCなど新製品が登場 2024年04月24日
  • 小糸の車載向け短距離LiDAR,OEMメーカーより受注 2024年04月12日
  • 岡⾕エレクトロニクスと横浜市,LiDARで交通量調査 2024年03月25日
  • 横浜市,交通量調査のICT化実験に向けた提案を募集 2024年03月18日
  • ST,3D深度センシングを強化するToF測距センサ発表 2024年03月13日
  • 慶大ら,LiDARセンサーを網羅的セキュリティー調査 2024年02月13日
  • ALAN,世界初の水中フュージョンセンサ技術を開発 2023年10月10日