ドコモ,8K60fps VR映像配信・視聴システムを開発

NTTドコモは,世界初の8K60fps VR映像配信・視聴システムを開発した(ニュースリリース)。この技術は,パノラマ映像コンテンツとして高品質の8K60fpsコンテンツの配信と視聴を可能にするもの。

このシステムは映像配信を行うサーバーと,ストリーミングによりコンテンツの再生を行なうプレイヤー,高品質パノラマ映像を没入感高く視聴するための高品質ヘッドマウントディスプレイから構成される。

通常,映像の再生負荷はコンテンツの解像度とフレームレートの積に比例し,8K60fpsコンテンツの再生は非常に高負荷となるため,ハイエンドなPCを用いても再生が困難だった。

そこで,ドコモではNTTテクノクロスが開発した,均等に8K映像を配信するのではなく,見えていない所は低品質,見える所だけ高品質で送る「パノラマ超エンジン」を用い,2K解像度の映像を2枚同時に再生するプレイヤーを開発した。これにより再生負荷が大幅に下がり,市販のPCでの8K映像の再生が可能となった。

その他関連ニュース

  • NHKとJAXA,火星探査機用8Kカメラを完成 2024年05月09日
  • ams OSRAM,AR/VR向け小型イメージセンサー発売 2024年02月08日
  • シャープ,XR技術などの新規事業開発の新拠点を開設 2024年01月31日
  • アストロデザイン,8Kマルチパーパスカメラを発売 2024年01月10日
  • ソニー,没入型空間コンテンツ制作システムを開発 2024年01月10日
  • 【光フェア】ソリッドレイ,AR共有システムをデモ 2023年11月08日
  • 筑波大,光と冷気で冷たい温度感覚VRを実現 2023年10月18日
  • SSS,1.3型OLEDマイクロディスプレー発売 2023年08月24日