リコーとAZAPA,自動運転の実証実験を開始

リコーは,エンジニアリングサービスを展開するAZAPAと共同で,国家戦略特区である秋田県仙北市で自動運転の実証実験を開始する(ニュースリリース)。

秋田県仙北市は「近未来技術実証特区」の取り組みとして,ドローンによる図書配送や無人運転バスなど,実サービスに向けた実証実験の誘致を進めている。10月からはAZAPAとリコーが新たな取り組みとして,自動運転の公道実証実験を行なう。

実証実験では,公道走行における技術的な課題や,雪国での実用化,交通インフラ環境との協調性,法整備などの具体的な実用化への課題の洗い出しを行なう。

AZAPAは,自動運転における経路生成〜回避行動の自動運転制御,および搭乗者の感性に関する制御技術をテーマに,リコーは,ステレオカメラなどを用いた全方位画像センシング技術,および人の認知・判断・行動の高度解析をテーマに取り組み,両社で技術融合した車両を用いて,自動運転における課題抽出と新たな技術的解決を図る。

リコーはこの実証実験で,ステレオカメラや測距センサーから取得したデータを解析し,空間をデジタル化する技術を高める。そして,そのワークプレイスへの応用についても研究開発を進める。なお,リコーは仙北市の「近未来技術実証特区」の取り組みに注目し,平成28年から29年にかけて路面性状モニタリングシステムの実証実験を行なっている。

その他関連ニュース

  • OKIと古河電工,CATV向けIP放送で技術提携 2022年11月07日
  • 日立Astemo,全周囲センシングシステムを発表 2022年10月25日
  • 浜ホト,マイコン・温度センサ不要のLiDAR用APD開発 2022年10月18日
  • 京大ら,気温ラマンライダー用多波長分光器を開発 2022年08月09日
  • 2045年,自動運転向けLiDAR市場は3兆5375億円 2022年08月09日
  • 三菱ら,丸の内でLIDARによる風況の可視化実験 2022年08月03日
  • アナログ・デバイセズ,高分解iToFモジュール発表 2022年06月28日
  • 三菱重工ら,冷凍倉庫対応レーザーAGFを開発 2022年06月07日