スタンレー,ハイパワー赤外LEDを発売

スタンレー電気は,高効率,高信頼性,ハイパワーを実現した赤外LEDを商品化した(製品ページ)。

ピーク波長は855nm,945nmの2種で,それぞれに広指向性タイプ,狭指向性タイプをシリーズ化し,計4種類をラインアップした。

新製品は,現在主流となっている高出力赤外LEDよりも,順方向電圧(Vf)が低く,且つ高出力が可能な素子を採用し,その結果として高効率化を達成した。発光効率(mW/W:赤外光放射束/投入電力)は,850nm帯,950nm帯においても,600mW/Wを越え,世界最高クラスの高効率を実現した。

この高効率化は,発熱の低減にも大きく寄与し,基板温度の低減,放熱機構の簡素化,低コスト化,周辺部材の高密度化も可能になり,搭載機器の小型化,設計自由度の向上に寄与する。

また,基材には高い信頼性が得られるセラミック基板を使用した。設計細部から生産まで,長年に渡る車載用LEDで培った高信頼性技術を盛り込み,民生品,産業機械用途だけでなく車載用途にも十分な信頼性を実現した。

今後採用が広がる,車載向けの各種センシング゙用光源をはじめ,2020年東京オリンピック,パラリンピックに向け整備が進む,インフラやセキュリティ分野,また防災用カメラ光源,生体認証用の光源などに向け,同社ではハイパワー赤外LEDを拡販していくとしている。

その他関連ニュース

  • 京セラ,生き物の育成・観賞用に特化したLEDを発売 2024年06月17日
  • 大興製作所,SPOT光源の波長ラインナップを強化 2024年06月03日
  • ams OSRAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
  • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日
  • 豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発
    豊田合成,最高級出力(200mW)UV-C LEDを開発 2024年04月22日
  • ローム,VCSELとLEDの特長融合した赤外線光源開発 2024年04月09日
  • ams OSRAM,2次元コードでLEDの個別データを提供 2024年04月01日
  • ams OSRAM,コンパクトで汎用性に優れたLED発売 2024年03月13日