パナソニック,北米に太陽電池生産・販売会社を設立


パナソニックは,パナソニック ノースアメリカの社内分社として,北米市場向けに,太陽電池を生産・販売する「パナソニック エコソリューションズ ソーラー ニューヨーク アメリカ」を2月1日,米国ニューヨーク州バッファローに新設すると発表した(ニュースリリース)。

今回の社内分社は,バッファロー工場における高効率な太陽電池セル,モジュールの生産および販売を行なうために新設するもの。2017年夏に予定する生産開始に向けて,必要な設備,機械を設置していくとしている。

同社は昨年12月,太陽電池分野で米テスラモーターズとの協業に向けた検討を開始すると発表している。具体的には,北米市場向けに,テスラ社傘下のバッファロー工場における太陽電池セル,モジュールの生産協業に関する検討を進めていた。

その他関連ニュース

  • 東芝,大面積ペロブスカイト太陽電池で15.1% 2021年09月10日
  • NTT-AT,無色透明発電ガラスの販売を開始 2021年09月09日
  • ENEOSら,透明太陽光発電パネルを窓とする実験 2021年09月06日
  • フジクラら,IoT機器向け太陽電池電源を開発 2021年08月27日
  • リコーと九大,IoT向け有機薄膜太陽電池を開発 2021年08月18日
  • 京大,太陽電池一体型熱光発電デバイスを開発 2021年08月16日
  • 関学ら,光合成を模した有機PVの動作機構を解明 2021年08月16日
  • GSアライアンス,印刷方式量子ドット太陽電池開発 2021年07月20日