8K内視鏡の国家プロジェクトが始動

国立がん研究センター,NHKエンジニアリングシステム,オリンパス,NTTデータ経営研究所は,日本医療研究開発機構「8K等高精細映像データ利活用研究事業」の支援により,8Kスーパーハイビジョン技術(8K技術)を用いた新しい腹腔鏡手術システムの開発と高精細映像データの活用を検討する研究を開始する(ニュースリリース)。

8K映像は,従来のハイビジョンの16倍にあたる3,300万画素の超高精細画像で,その密度は人間の網膜に迫ると言われている。研究は,日本発の次世代放送技術である8K技術を医療機器に応用する試み。その実用化により,がん手術がより精密かつ繊細に行えるようになり,腹腔鏡手術をはじめとする内視鏡手術の安全性と根治性を一層向上させるなど,医療現場に大きな変革が期待される。

腹腔鏡手術の件数は,近年,急速的に増えている一方で,モニターに画像を映し出して手術を進めるため,画質が手術の質に影響したり,手術操作の制限や死角が発生することで,開腹手術と同等の質が担保できない場合や術中偶発症の発生が問題となることがある。例えば,従来の腹腔鏡は視野が狭く,空間認識も困難であることから、腹腔鏡と周りの手術器具と衝突するリスクもあり,術中の臓器損傷の発生率が開腹手術の2倍に上るとの報告もある。

プロジェクトでは,このような課題を解決するため,光学性能の改善やカメラの更なる高感度化と小型・軽量化,さらに8Kによる広域表示と術者の意向に従ったズームアップの表示も同時に行なう技術開発に取り組む。

また医療機器においては,外国資本が圧倒的シェアを占めているのが現状だが,8K技術はNHKで開発された日本発の技術。医療提供・研究を行なう国立がん研究センターと腹腔鏡手術システム開発行なうNHKエンジニアリングシステム,オリンパス,データ解析を行うNTTデータ経営研究所が共同で取り組むことにより,周辺機器や高精細映像データを活用した新規診断法の開発など,世界へ向けた次世代の腹腔鏡の規格確立を目指すことが可能となったとしている。

その他関連ニュース

  • 慈恵医大らの大腸内視鏡病変検出AI,薬事認証取得 2022年12月09日
  • 富士フイルム,上部消化管用超音波スコープを発売 2022年10月07日
  • ソニーとオリンパス,協業で内視鏡システムを開発 2022年09月28日
  • 国がんら,早期大腸がんにESDの有効性を確認 2022年08月08日
  • 愛媛大ら,ロボット手術支援用腹腔内カメラを開発 2022年05月31日
  • アストロデザイン,色域評価システムを発売 2022年05月24日
  • 名大ら,大腸内視鏡AI医療機器の精度を実証 2022年04月18日
  • SMJら,構造色を8Kの3DCGで表現する手法を開発 2022年03月14日