ギガフォトン,成長戦略を発表

ギガフォトンは,設立16周年目に当たる2016年度を第2創業期と位置付け,次なる成長戦略を発表した(ニュースリリース)。

2000年8月1日に設立したギガフォトンは,昨年設立15周年を迎えた。創業当初は10%前後だったDUVエキシマレーザーの市場シェアも,現在は販売累計1300台以上,2015年度販売シェアは60%にのぼり過去最高売上を達成することができた。

同社はその中で,2016年度以降を第2創業期と位置づけ,さらなる成長を目指す。今後はエキシマレーザー事業を従来の半導体リソグラフィ用途に加え、“GIGANEX”シリーズとしてFPD製造などの新分野へも拡大していく。また現在開発中のEUV光源も出力250Wを達成しており,量産へ向けて開発を加速していく。

そのため将来に向けての投資の一環として,同社は今秋より新社屋の着工を開始した。(2017年6月完成予定)これにより製造スペースは50%増え,生産規模は最大70%拡大する。また人員を増員し,より安定した確実な品質と,顧客の要望により迅速かつ丁寧に応える体制を作るとしている。

その他関連ニュース

  • EVG,NIL向け製造サービスを開始 2021年08月03日
  • ウシオ,皮膚科向け365nm LED紫外線治療器を発売 2021年03月02日
  • ギガフォトン,微細化対応リソグラフィ光源を量産 2020年12月22日
  • 名大ら,光によるレリーフ構造形成法に新提案 2020年08月04日
  • ギガフォトン,新製品のKrFエキシマレーザー出荷 2020年04月15日
  • フィリップス,エキシマレーザーカテーテル発表 2020年04月03日
  • ラムリサーチ,EUV露光向けの技術を発表 2020年03月03日
  • ギガフォトン,露光用ArF/KrFレーザーを発表 2020年02月25日