長崎大,新規発光性有機–無機超分子複合体を合成

長崎大学の研究グループは,自然界に見られる「自己集合」と「分子認識」という現象を活用することで,新しいタイプの発光性有機–無機超分子複合体を合成することに成功した(ニュースリリース)。

このアプローチは,これまでにない発光性材料を創出する有力な手法になるという。

自然界で酵素は「自己集合」によって酵素キャビティを形成し,キャビティ内に様々な化合物を「分子認識」によって取り込むことで,人工系では達成できないような複雑で高選択的な機能発現をしている。自然界を理解・模倣・凌駕するため,人工系でも様々な自己集合性分子が合成され,分子認識を介した機能発現が試みられてきた。

しかし,金属錯体を分子認識によって自己集合性分子に包接することは非常に困難な課題であり,包接できたとしても金属錯体の発光特性は低下してしまうことが知られていた。

今回研究グループはこの問題を解決し,簡便な手法で金属錯体を包接できることを明らかにするとともに,包接によって金属錯体の機能(発光特性)を大きく向上させること(高エネルギー化・高効率化・長寿命化)に成功した。

関連記事「京大,生物を模倣して炭素ナノリボンを合成」「京大,光吸収制御が可能な金属カルコハライドを低温合成」「NICTら,光子と人工原子から成る安定な分子状態を発見

その他関連ニュース

  • 北大ら,引っかくと発光する白金錯体材料を開発 2022年03月16日
  • 京大ら,光触媒となる有機高分子を発見 2020年06月22日
  • 熊本大ら,スピン状態を変える金属錯体を合成 2020年04月17日
  • JASRIら,XFELで超高速の分子振動を高精度観測 2019年08月21日
  • 九工大,有機ラジカル結晶で30K級の強磁性体を実現 2019年01月23日
  • 早大ら,有機分子集合体で近赤外光を吸収 2017年06月09日
  • 筑波大,共役ポリマーのマイクロ球体からレーザー発振 2017年05月22日
  • 九大,有機薄膜レーザーの連続発振に成功 2017年05月01日