パナソニック,飛行船型ドローンのライセンス提供を開始

パナソニックは,ドローンと大型風船を融合し,スポーツやイベントなどでさまざまな演出が可能なドローンシステム「バルーンカム」の開発・製造,販売に関するライセンスの提供を8月1日より開始した(ニュースリリース)。

これは,塩化ビニール等の生地で構成され,ヘリウムが充填されるバルーン部分,およびローターユニット,フレーム,コントローラー,無線受信機とバッテリー部を合わせたドローン部で構成される法人向け小型無人航空機であり,同社は本年6月に,その試作機を完成させた。

風船内にドローン全体を組み込んだ構造とすることで,安全性を高めたものになっている。さらに,プロペラの推進力を最適制御することにより,飛行の安定性と機動性を両立した。

機体にカメラやLED,プロジェクターを搭載することで,ボディ全体を生かした光の演出や情報表示が可能となっている。

同社は,「バルーンカム」の開発・製造、販売に関するライセンス提供を行なうことで,エンターテインメント業界,広告業界など,さまざまな業種・業態での「バルーンカム」の有効活用を推進していくとしている。

関連記事「パナソニック,飛行船型演出用ドローンを開発

その他関連ニュース

  • オフィール,ドローン向けMWIRズームレンズを発表 2022年09月22日
  • 群大,ドローンに下げたスクリーンへの投映技術開発 2022年09月22日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日
  • 阪大ら,万博実証実験でドローンの空間描画を実施 2021年06月01日
  • 阪大ら,ドローンと光通信技術で煙突内壁を透視 2021年06月01日
  • NII,誤差のあるセンサーでもソフト変換で安全に 2021年05月27日
  • FLIR,ドローン向け赤外線カメラを発売 2021年05月17日
  • オフィールジャパン,ドローン用ズームレンズ発売 2021年05月06日