群大,ドローンに下げたスクリーンへの投映技術開発

群馬大学の研究グループは,ドローンに吊り下げたスクリーンに地上から映像を投影することで,広い空間で多くの人が見られる空中ディスプレー技術を開発した(ニュースリリース)。

近年,様々なイベントでドローンショーが利用されており,上空に映像を表示する技術に注目が集まっている。ドローンショーでは,一つ一つのドローンが数個のライトを保持しており,そのようなドローンを数多く空に浮かべることで光の点の集合として映像を表示している。

しかし,ドローンショーは数百機のドローンを同時に利用するために必要なコストが1000万円前後と高く,大規模なイベントでないと実施が難しいという問題点があった。

そこで,研究グループは単体のドローンが吊り下げたスクリーンに地上から映像を投影することで,比較的低コストに空中ディスプレーを実現するために,数10m以上離れた場所を飛翔するスクリーンを追跡しながらそこに映像を投影する技術を開発した。

この技術の核は,遠方を飛翔するドローンに吊り下げられたスクリーンに合わせて光の投影方向を高速に調節する仕組みにあり,これを3つの大口径の回転鏡と高速ビジョンセンサ,レーザープロジェクターを組み合わせて実現した。

実験では,飛翔するドローンが吊り下げたスクリーンにあわせて映像が投影されるように高速に鏡の角度を制御し,安定した映像投影を実現したという。

研究グループは,この技術は温泉などの観光地や花火大会などの各種イベントでの広告や演出,災害時の標識などへの活用が期待できるとしている。

その他関連ニュース

  • オフィール,ドローン向けMWIRズームレンズを発表 2022年09月22日
  • 2026年車載ディスプレー世界市場,12,323百万ドル 2022年06月28日
  • 三井化学らの空中ディスプレー,町役場に導入 2022年05月25日
  • 電通大,透明や曲面上に歪みのない空中像を表示 2022年04月15日
  • 三井化学ら,非接触POSレジの実証実験を開始 2022年02月01日
  • 東工大ら,マーカー無しで高速運動物体へ映像投影 2021年12月02日
  • 【光フェア】宇大,視線が合う空中ディスプレー 2021年11月17日
  • オンセミ,8.3MBイメージセンサーを発表 2021年10月07日