SFC,3Dプリンター イノベーションセンターを開設

米Stratasys Ltd.の日本法人,ストラタシス・ジャパンは,慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)が「ファブキャンパス」の一環としてインターネットと3Dプリンター群をつなぐ「Makerbot イノベーションセンター」システムの運用を開始したと発表した(ニュースリリース)。

メディアセンターのファブスペースに設置された複数台のMakerBotの大学との遠隔授業,遠隔コラボレーションを検討していく計画。

「MakerBot イノベーションセンター」は,大学や組織がより迅速なイノベーションと,より緊密なコラボレーションを行ない,より効果的に切磋琢磨することを促進するためにデザインされた3Dプリンティングシステム。

ユーザが「MakerBot イノベーションセンター」・マネージメントシステムに3Dファイルを送ると,SFCの「MakerBot イノベーションセンター」に接続されている3Dプリンターへアサイン,プリントされる。

3Dプリンティングのステータスはリアルタイムで取得することができ,プロセスが完了するとメールで完了通知が送信される。また,ネットワークに接続するプリンターの台数は,学部や授業のニーズによって拡張することも可能。 

今回インターネットと3Dプリンター群が繋がれたことで,より快適な利用環境が実現されたが,それだけでなく,ネットによって初めて可能となる遠隔アプリケーションの可能性を具体的に想像できるようになった。SFCではこれを基点として,最終的には,地球上のさまざまなデジタル工作機械がすべてネットワークでつながるファブ地球社会基盤システムを構築し,教育研究の両面において,新しいものづくりを牽引していきたいとしている。

「MakerBot イノベーションセンター」は,米ペンシルバニア州立大学,メリーランド大学など,20ほどの海外の先進的な大学などで導入されているが,日本ではSFCが初の導入例となる。

その他関連ニュース

  • 島津ら,材料押出積層法金属3Dプリンターを開発へ 2021年12月24日
  • 早大,金属3Dプリンタの熱変形を設計で低減 2021年11月09日
  • 森精機,レーザー金属積層造形機を開発 2021年10月20日
  • 阪大,非接触でAM造形物表層の微小欠陥を検出 2021年09月17日
  • イグアスとXYG,光硬化樹脂開発用光造形機を発売 2021年05月13日
  • ニコン,チタン対応光金属造形加工機を発売 2021年04月27日
  • 2020年3Dプリンター出荷台数,微減の36.4万台 2021年04月12日
  • ニコン,米金属3Dプリンティング企業を買収 2021年04月06日