新日本無線,ウェアラブル向けオプトセンサーを発売

新日本無線は,ウェアラブル機器に特化した反射型オプトセンサー2製品「NJL5311R」「NJL5513R」の開発を完了し,量産を開始した(ニュースリリース)。サンプル価格はそれぞれ400円。

生体機能付きウェアラブル機器は,一般的にセンサーで検出された信号を後段のアナログ・フロント・エンドICで信号処理を行なっており,アナログ・フロント・エンドICには現在主流として使用されているICがある。

同社はヘルスケア・フィットネス向けセンサーとして,現在主流となっているアナログ・フロント・エンドICとのマッチングを向上させた脈波計測用途センサー「NJL5311R」と,酸素飽和度測定用途センサNー「JL5513R」の量産を開始した。

共に,従来製品同様ウェアラブル機器で使いやすい反射型を継承。「NJL5311R」は外乱光の影響を低減する光学フィルターを受光素子に搭載したセンサーで脈波計測が可能。

「NJL5513R」は緑LED2個,赤LED1個,近赤外LED1個と受光素子を1パッケージに搭載したセンサーで,脈波と酸素飽和度計測が可能。

両製品ともスマートバンド等への搭載を念頭に,LEDの種類や輝度,受光素子の配置を最適化している。

その他関連ニュース

  • 東大ら,高性能な液晶性有機半導体を開発 2021年12月24日
  • 筑波大ら,フィルム上に高性能半導体薄膜を合成 2021年12月23日
  • 理研ら,接着剤不要の超柔軟導電接合技術を開発 2021年12月23日
  • キヤノン,世界最高画素数のSPADセンサーを開発 2021年12月20日
  • ams OSRAM,ヘッドライト用高輝度LEDを発売 2021年12月10日
  • 慶大ら,高周波動作フレキシブルデバイスを開発 2021年12月10日
  • 阪大,どこにでも貼れる機能性酸化物薄膜を開発 2021年12月10日
  • 豊田合成,フルカラーLED車内ランプを開発 2021年12月07日