若手研究者が実用化に向け,精力的に研究を行なっているテーマを発表するコーナーです。企業とのコラボレーションを希望するものですので筆者とのコンタクトも可能です。また,掲載を希望される方も募集しています。

全99件中 11〜20件目を表示

円偏光純度と明るさを両立させる発光式円偏光コンバータの開発

1. はじめに 円偏光は,光の強度(明るさ)や波長(色)に加えて,偏光情報(右もしくは左)を有する光である。光伝搬中に偏光面が動かない直線偏光に対して,円偏光は偏光面を回転させながら伝搬する。どの角度から観測しても変わる […]

光導波路による尤度算出デバイス~光パケット識別技術をめざして~

1. はじめに 尤度とは「もっともらしさ」を表す言葉である。したがって,尤度算出デバイスはもっともらしさを計算する装置だといえる。これを光導波路にて実装したものが本稿で紹介する技術である。 もう少し正確に伝えてみよう。本 […]

ビスマス系III-V族半導体半金属混晶の結晶欠陥制御に基づく光学・テラヘルツ両デバイス

1. はじめに 筆者は,光学分野というよりは,結晶工学や電子・電気材料工学を主に専門とする研究者である。しかし,学部卒業研究以来取り組み続けているビスマス(Bi)系III-V族半導体半金属混晶(以降,Bi系III-V族半 […]

励起錯体アップコンバージョン型有機EL開発と乾電池1本の超低電圧駆動

1. はじめに 有機ELまたは有機発光ダイオード(以後OLED)1, 2)は近年盛んに研究開発が行われ,一般家庭においても普及が進んでいる。従来の液晶ディスプレイに比べて高コントラストやフレキシブル性を持つ点から徐々に置 […]

先端ナノ光構造を用いた高感度バイオセンシング

1. はじめに 治療医療から予防医療への転換が進む昨今において,高感度バイオセンシング法の需要が一層高まりつつある。疾病由来の生体分子(バイオマーカー)を従来よりも高感度に検出することによって,疾患の超早期発見が可能とな […]

次世代ウェアラブルのための皮膚表面の光制御

1. はじめに ウェアラブルデバイスによるパーソナルヘルスケアは、予防医療や遠隔医療を実現することができるため、パンデミックや高齢化の進行する現代社会において非常に重要である。現在までに腕時計型や指輪型などのウェアラブル […]

放射線耐性に優れた宇宙用太陽電池に向けて:III 族窒化物太陽電池の可能性

1. はじめに 人工衛星や宇宙探査機など,宇宙空間において自律的に運用される機器類において,太陽電池はエネルギー供給源として必須のサブシステムである。宇宙機器は宇宙空間へ輸送して用いるという特殊な利用条件があるため,大き […]

メタマテリアル熱電変換

1. はじめに 熱電変換は,物体両端の温度差を起電力に変換するゼーベック効果に基づき,熱エネルギーを電気に変換する機構である。素子の両端の温度差が維持される限り恒久的に電力を生み出すため,メンテナンスフリーなエネルギー源 […]

光周波数コムを用いた光フェーズドアレイ

1. 背景  近年3D Lidarやレーザープロジェクタの光源として光フェーズドアレイの開発が行われている1, 2)。電波の領域で広く用いられているフェーズドアレイアンテナとは,アンテナアレイの各素子から位相制御された電 […]

幅広い応用が期待される赤外光ファイバーセンサーを目指して

1. はじめに  赤外吸収分光を利用した成分検出は,微量分子の存在を直接的に観測するため,高感度で高速なセンシング手法といえる。赤外吸収分光を利用した分子構造解析や環境モニタリング,危険物の遠隔検出,生体計測,医療診断な […]