PR

ピコ秒UVレーザーによる新しい折りたたみ式OLEDディスプレー材料の切断加工

処理能力と無線データ通信の進歩によって携帯機器市場が成長し続けている現在,ディスプレー技術は見過ごすことのできない重要な存在である。主要なヒューマンインターフェースコンポーネントであるタッチスクリーン搭載フラットパネルデ […]

全10件中 1〜10件目を表示

台湾LED照明展/植物工場展2014─台湾企業,日本企業と中国企業の間で

台湾LED照明展/植物工場展2014─台湾企業,日本企業と中国企業の間で

5月,6月はアジア地域でLED照明に関する多くの展示会が行われた。タイ「第2回LED EXPO THAILAND」では新しい市場に向け中国企業や台湾企業,日本企業などが参入する姿が見え,中国広州「広州国際照明展」では大手 […]
広州国際照明展2014─展示品の方向性の変化と出展社企業の戦略の変化

広州国際照明展2014─展示品の方向性の変化と出展社企業の戦略の変化

概要まとめ ・日亜化学,独オスラム,米GE,勤上光電などの大手からの出展がなくなる ・スマート系,フィラメントタイプ,パッケージ・フリー・チップの増加 ・フランクフルトでのデザインや日本で人気デザインを受けた製品 ・PM […]
LED/有機EL照明,「多様化」したラインナップで差別化を

LED/有機EL照明,「多様化」したラインナップで差別化を

進化する多様化したLEDパッケージで差別化を狙うLED照明市場と,オランダ フィリップスと韓国 LG Chem社が牽引する有機EL照明で次のフェーズへ戦いを挑む企業群─ これを印象付ける展示会が2014年3月30日~4月 […]
非冷却遠赤外線カメラ市場の現状と今後のシナリオ

非冷却遠赤外線カメラ市場の現状と今後のシナリオ

1. はじめに 軍需向けが中心の高額品という印象が強かった冷却型遠赤外線カメラであったが,室温で動作する非冷却タイプの遠赤外線アレイセンサーが登場したことにより,非冷却遠赤外線カメラの開発も進展。最近では,欧米自動車メー […]
「赤外線センサ」の最近の話題

「赤外線センサ」の最近の話題

1. はじめに 熱型赤外線検出器を集積化した非冷却赤外線イメージセンサの技術的な飛躍は1990年代初頭に起こったが,特に民生応用に関して,最近これまでの赤外線ビジネスにはなかった動向がみられるようになってきた。従来の非冷 […]
フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博 1. はじめに CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Phot […]
OFC・NFOEC 2013報告

OFC・NFOEC 2013報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博 1. まえがき 平成25年3月16日(日)から21日(木)まで米国ロスアンジェルスのコンベンションセンターで開催されたOFC/NFOEC 2013の報告をする。同学会は1 […]
スマートレーザーディスプレイ

スマートレーザーディスプレイ

大阪大学 光科学センター 山本 和久 1.はじめに レーザーディスプレイ1)は1960年代後半に最初の研究開発ピークがあり、高精細かつ大画面ディスプレイとして他の方式を圧倒していた。しかし気体レーザーをベースとしていたた […]
フォトニクス国際会議レポート Photonics West 2013

フォトニクス国際会議レポート Photonics West 2013

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博 1.まえがき 本年のPhotonics Westが2月2日から7日までの6日間,昨年と同じサンフランシスコのMosconeコンベンションセンターで開催された。主催はSPI […]