フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. はじめに

CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Photonics Society,OSAの主催で開催された。本学会では例年通りCLEO:QELS-Fundamental Science,CLEO:Science andInnovation,CLEO:Applications & Technology,CLEO:Market Focus,CLEO:Expoの5つのイベントが設定されている。以下,本稿では本学会のイベントの概要と筆者が参加したセッション,事務局が推奨する注目すべき論文を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 阪大,モルフォ蝶から新たな採光窓を発案・設計 2021年04月23日
    • 鳥取大,負の走光性を有する人工システムを構築 2021年04月23日
    • SEMI,2020年世界半導体材料販売額は過去最高に 2021年04月23日
    • 阪大,世界最高効率で麦芽糖の水素化反応に成功 2021年04月23日
    • アルマ望遠鏡,重力レンズで129億年前の光を観測 2021年04月23日
    • 立命大ら,隕石中にCO2に富む液体の水を発見 2021年04月22日
    • 東大ら,超広視野多天体分光器でスペクトルを取得 2021年04月22日
    • OIST,励起子内の電子軌道の撮影に初めて成功 2021年04月22日