フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. はじめに

CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Photonics Society,OSAの主催で開催された。本学会では例年通りCLEO:QELS-Fundamental Science,CLEO:Science andInnovation,CLEO:Applications & Technology,CLEO:Market Focus,CLEO:Expoの5つのイベントが設定されている。以下,本稿では本学会のイベントの概要と筆者が参加したセッション,事務局が推奨する注目すべき論文を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 農研機構,イチゴの生育センシングシステムを開発 2022年05月17日
    • 京大ら,青色LEDでカルボニル化合物を自在に合成 2022年05月17日
    • 東芝ライテック,LED空間除菌・脱臭装置を発売 2022年05月17日
    • 2021年,XR対応HMDの国内出荷台数は72万台 2022年05月17日
    • 2026年製造向けロボット世界市場,2兆132億円に 2022年05月17日
    • オフィール,ビーム分析システムを発表 2022年05月17日
    • オフィール,レーザーパワーセンサーを発表 2022年05月17日
    • 公大ら,多孔質に分子が詰まっていく様子を観察 2022年05月16日