フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. はじめに

CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Photonics Society,OSAの主催で開催された。本学会では例年通りCLEO:QELS-Fundamental Science,CLEO:Science andInnovation,CLEO:Applications & Technology,CLEO:Market Focus,CLEO:Expoの5つのイベントが設定されている。以下,本稿では本学会のイベントの概要と筆者が参加したセッション,事務局が推奨する注目すべき論文を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • ams OSLAM,園芸用照明器具向け高出力LED発売 2024年05月29日
    • 名大,低コスト・アンモニア不要のGaN成長技術開発 2024年05月29日
    • 北大,酵素によるナノ材料の簡便な作製法を開発
      北大,酵素によるナノ材料の簡便な作製法を開発 2024年05月29日
    • JAXAら,次世代超大型宇宙望遠鏡に光学素子を提供 2024年05月29日
    • 2023年,産業用3Dプリンタ世界出荷台数は30,000台 2024年05月29日
    • 2040年新型・次世代太陽電池市場,2兆4,000億円 2024年05月29日
    • 富士フイルム,より高画質化した内視鏡システム発売 2024年05月28日
    • 富士通,IOWN向け光伝送ソリューションの提供開始 2024年05月28日