フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. はじめに

CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Photonics Society,OSAの主催で開催された。本学会では例年通りCLEO:QELS-Fundamental Science,CLEO:Science andInnovation,CLEO:Applications & Technology,CLEO:Market Focus,CLEO:Expoの5つのイベントが設定されている。以下,本稿では本学会のイベントの概要と筆者が参加したセッション,事務局が推奨する注目すべき論文を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • NEC,「バーチャル広告協会」を設立 2021年09月24日
    • 岐阜大,極小振動数を持つ魔法数の存在を明らかに 2021年09月24日
    • 日亜,深紫外LEDでアルファ株の不活化を確認 2021年09月24日
    • ギガフォトン,エキシマレーザー光源を増産 2021年09月24日
    • CROSSら,人工ガラス膜境界面の接合性を解明 2021年09月22日
    • 光響,ビーム径測定カメラシリーズを拡充 2021年09月22日
    • JSR,メタル系EUVフォトレジスト企業を買収 2021年09月22日
    • 阪大ら,光照射でフレキシブル集積回路特性を制御 2021年09月22日