フォトニクス国際会議「CLEO 2013」参加報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. はじめに

CLEO2013が本年6月9日から14日までの6日間,米国カリフォルニア州サンノゼのMcEneryコンベンションセンターにおいてAPS,IEEE Photonics Society,OSAの主催で開催された。本学会では例年通りCLEO:QELS-Fundamental Science,CLEO:Science andInnovation,CLEO:Applications & Technology,CLEO:Market Focus,CLEO:Expoの5つのイベントが設定されている。以下,本稿では本学会のイベントの概要と筆者が参加したセッション,事務局が推奨する注目すべき論文を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 東大,ラマン分光ウェアラブル化学センサーを開発 2022年06月27日
    • 北大,量子光学で水のイオン伝導度を一桁以上向上 2022年06月27日
    • 浜ホト,NKT Photonicsを孫会社化 2022年06月27日
    • セブンシックス,ピコ秒レーザーモジュールを発売 2022年06月24日
    • 東北大,感圧塗料などで車の風圧分布を瞬時に推定 2022年06月24日
    • 分子研ら,アモルファスの熱伝導率の予測技術開発 2022年06月24日
    • 京大ら,固体における高次高調波の発生機構を解明 2022年06月24日
    • 京大,ペロブスカイトに強誘電性と発光を同時確認 2022年06月24日