OFC・NFOEC 2013報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. まえがき

平成25年3月16日(日)から21日(木)まで米国ロスアンジェルスのコンベンションセンターで開催されたOFC/NFOEC 2013の報告をする。同学会は1昨年にサンディエゴからロスに移り本年はその3年目の開催である。

本学会の正式名称は“Optical Fiber Communication Conference and Exhibition/National Fiber Optic Engineers Conference”である。本年のテーマもこれまでと同様の“The future of optical communication is here”である。

本学会のスポンサーはIEEE/Comm. Society,IEEE/Photonics Society,Optical Society of Americaの3団体である。本年の参加者は12,000人と昨年より約1,000人増加した。以下本稿では本国際会議の概要を説明し特に話題になった技術を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 京大ら,光誘導物質による体内時計同調機構を発見 2022年05月27日
    • 新潟大ら,根から葉への光合成産物要求に知見 2022年05月26日
    • JAMSTECら,水中光無線で観測データを自動回収 2022年05月26日
    • 東北大ら,高品質な窒化ガリウム結晶を作製 2022年05月26日
    • 東北大ら,AMでCFRPとチタン合金を高強度接合 2022年05月26日
    • 浜ホト,2光子励起蛍光顕微鏡の空間分解能を向上 2022年05月26日
    • 日機装ら,鉄道向けLED除菌ユニットの開発を開始 2022年05月26日
    • 理研ら,SRXμCTで4億年前の脊椎動物の化石を観察 2022年05月26日