OFC・NFOEC 2013報告

(株)グローバルファイバオプティックス 梶岡 博

1. まえがき

平成25年3月16日(日)から21日(木)まで米国ロスアンジェルスのコンベンションセンターで開催されたOFC/NFOEC 2013の報告をする。同学会は1昨年にサンディエゴからロスに移り本年はその3年目の開催である。

本学会の正式名称は“Optical Fiber Communication Conference and Exhibition/National Fiber Optic Engineers Conference”である。本年のテーマもこれまでと同様の“The future of optical communication is here”である。

本学会のスポンサーはIEEE/Comm. Society,IEEE/Photonics Society,Optical Society of Americaの3団体である。本年の参加者は12,000人と昨年より約1,000人増加した。以下本稿では本国際会議の概要を説明し特に話題になった技術を中心に報告する。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 富山大ら,光乱雑化の問題により量子鍵配送を強化 2024年03月01日
    • 三菱電機,半導体レーザーで大河内記念生産賞を受賞 2024年03月01日
    • 名大ら,耐光性に優れた近赤外蛍光標識剤を開発 2024年03月01日
    • 北大,特徴的な異性化機構を示す光分子スイッチ開発 2024年02月29日
    • 理研ら,微小結晶試料の構造をXFELで高精度に解明 2024年02月29日
    • 北大,光触媒を用いた実用的な還元的環化反応を開発 2024年02月29日
    • 千葉大ら,厚さ1.6nmの炭化チタン膜でCO2光還元 2024年02月29日
    • 島根大ら,DEDで形成される空孔のメカニズムを解明 2024年02月29日