ams,産業用高速画像センサーを発表

amsジャパンは,グローバルシャッター画像センサーの新製品「CSG14K」「CSG8K」を発表した(会社HP)。

それぞれ標準の1”と1/1.1”の光学フォーマットで提供され,稼働現場で品質を改善させつつスループットを引き上げることができるため,高速検査アプリケーションでの不良検出の精度を高めることができるとしている。

「CSG14K」は,13.8Mの高解像度と高速動作を組み合わせたグローバルシャッター画像センサー。フル解像度で10bitモードとなり,140fpsの最大レートを誇る。また,12bitモードでは93.6fpsとなる。「CSG8K」はさらに高速化されており,8Mピクセルのフル解像度において,10bitモードで231fps,12bitモードで155fpsを実現。

両製品ともに,真の相関二重サンプリング(true-CDS)を実行し,モーションアーチファクトを発生させることなく高速移動する物体の鮮明な画像をキャプチャすることを可能にするグローバルシャッターセンサーだとしている。

これらの画像センサーは,産業用,セキュリティ,インテリジェント交通システム(ITS)市場,およびビデオブロードキャストにおけるアプリケーションでの使用に適してるという。PCB組立などの産業用アプリケーションでは,CSGセンサーの改良された画質とフレームレートを活用した自動光学検査(AOI)により,電子コンポーネントの欠落や誤配置といった欠陥を従来以上に迅速かつ確実に特定することが可能となる。

また,汎用性が高くビニングモードを含む6つのモードで実行できる。ラインスキャンやウィンドウモードで実行した場合,実効フレームレートは,フル解像度で指定された名目レートよりもはるかに高くなる可能性があるという。

さらに,低ノイズと高感度に加えて,広いダイナミックレンジとHDRモードでのセンサー動作機能の点で注目されるピクセル設計の長所を取り入れており,薄暗い場所であっても鮮明で詳細な画像を生成することができるとしている。

その他関連ニュース

  • オンセミ,AI画像認識ソリューションを発表 2021年02月18日
  • ニコン,110dB/1000fpsを4K×4Kセンサーで両立 2021年02月17日
  • IDTジャパン,ハイスピードカメラ5機種を発売 2021年02月09日
  • LUCID,レンズ・レンズチューブ構成品を発売 2021年01月21日
  • LUCID,ポイントクラウドの作成キットを発売 2021年01月18日
  • Basler,CXP対応カメラシリーズを拡充 2021年01月14日
  • 三菱電機,生産現場向けネットワークカメラを発売 2020年12月22日
  • オムニビジョン,医療用超小型カメラの画質を改善 2020年12月22日