DNP,ホログラムによる非接触タッチパネルを開発

大日本印刷(DNP)は,リップマンホログラムの技術を活用して,画像を空中に浮遊させて表示し,この像に指で触れて操作できる「DNP非接触ホロタッチパネル」(以下「ホロタッチ」)を開発した(ニュースリリース)。

3次元画像の表現に優れたリップマンホログラムは,画像を記録したフィルムに一定の角度からLEDなどの点光源の光を当てることで,フィルムから離れた空中に画像を浮かび上がらせることができるというもの。浮遊距離は約50mmまで調整可能とする。

「ホロタッチ」は,このリップマンホログラムの技術を活かし,フィルムに描画した操作ボタンなどを空中に浮遊させ,赤外線などで空中の位置を検出するセンサーと組み合せた同社独自のシステム。

操作ボタンなどを描画したリップマンホログラムのフィルムとセンサー等を組み合わせた構成で,既存の端末・入力機器に後付けで設置するだけでタッチレス機器として活用できる。ホログラムフィルムとセンサーのみの軽量・コンパクトな構成なので,低コストで導入できるという。

ホログラムフィルムに記録した2次元の柄(細かい線・点や図版等)を,センサーの検出面と同じ空中の位置に浮遊させて表示することで,手指が触れると反応する柄を目視できる。空中の一定の位置で指を止める動作は難しいが,この製品では手指に反応する柄を目視できるため,空中での指操作が容易だという。

情報端末のディスプレーをそのまま使用して,点光源となるLEDライト等の光を当てることで画像を空中に表示できるので,プロジェクター等の投影装置は不要。ただし,センサーで検知したデータを情報端末の制御プログラムに連動させる必要があるため,制御プログラムの作成または変更が別途必要となる。

厚さ0.1~0.2mm(センサーユニット含まず)のフィルムを使用するため,コンパクトで場所をとらない。フィルムサイズは最大で,紙のA4判(210×297mm)程度まで対応可能だという。

同社は,日本国内で唯一リップマンホログラムのフィルムを量産できる技術を保有しており,2021年度に製品化する。コロナ禍の非接触ニーズの高まりに対して,店頭受付端末・レジ端末・券売機など既存の入力端末に後付けで利用する企業や団体のほか,端末やセンサーのメーカー等に提供することで,2022年度に関連のサービス等も含め30億円の売上を目指すとしている。

その他関連ニュース

  • DNP,タッチレスAR透明浮遊ディスプレーを提供 2020年12月22日
  • 宇大,空中ディスプレーを日刊スポーツ本社で展示 2020年12月21日
  • 日亜,280nmLEDに対コロナ優位性を確認 2020年12月18日
  • TED,深紫外線LEDモジュールキットを発売 2020年12月16日
  • 2025年,殺菌用深紫外線光源市場は1342億円に 2020年12月15日
  • OKIら,東海でATM非接触パネルの実証実験を開始 2020年12月04日
  • ウシオ,ウイルス不活化ダウンライトを発売 2020年12月01日
  • 三井化学ファインら,超微細スクリーン印刷を開発 2020年12月01日