NEC,インドのベンガル湾に海底ケーブルを敷設

NECは,NEC Corporation Indiaを通じて2018年7月に供給契約を締結した,インドのチェンナイとアンダマン・ニコバル諸島を結ぶ大容量光海底ケーブルの建設を完了し,インド国営通信キャリアであるBharat Sanchar Nigam Ltd.に引き渡した(ニュースリリース)。

この光海底ケーブルシステムは,チェンナイからベンガル湾を横断し,アンダマン・ニコバル諸島のポートブレアほか7地点を結び,総延長距離は約2,300km,100Gb/sの最新の光波長多重伝送方式が採用されている。

このケーブルの敷設により,アンダマン・ニコバル諸島の通信環境は飛躍的に向上するとともに,電子政府や電子商取引の推進,教育の電子化など,インド政府によるデジタル・インディア政策にも貢献するとしている。

なお,このケーブルの製造は,日本で唯一,深海8,000mの水圧に耐えられる光海底ケーブルを製造可能なNECの子会社であるOCCが担当した。

その他関連ニュース

  • NTT,OPAで容量2倍超の光増幅中継器を実現 2021年01月29日
  • NEC,台湾へ海底ケーブル式地震観測システム納入 2021年01月26日
  • キーサイト,800Gテストソリューションを発表 2021年01月21日
  • 古河電工,仮想化EPONを開発 2021年01月19日
  • NEC,パラオと海底ケーブルの供給契約締結 2021年01月14日
  • 岐阜大ら,300GHz帯テラヘルツ無線通信に成功 2021年01月14日
  • 2019年国内M2M市場,4.5%増の2,100億円 2021年01月13日
  • 東工大ら,高周波信号の量子化分配器を実現 2021年01月08日