Micro-Epsilon,新型レーザー変位センサーを発売

Micro-Epsilon Japanは,新製品のレーザー変位センサー「optoNCDT1900」の販売を開始する(製品ページ)。

ハイエンド向けの高精度変位計ながら,コントローラーを内蔵しており,コンパクトな筐体により組込に適した設計となっている。同社から提供される汎用ソフトウエア「sensorTOOL」,もしくはダイレクトにウェブブラウザから各種パラメータの設定・変更ができ,リアルタイムで測定値を確認できるので導入後も管理が容易だという。

ユーザーインターフェースはデジタル(18bit)・アナログ(16bit)で,共に多くの環境に対応が可能。また,特殊取り付けスリーブにより,センサー本体の取り付け位置精度が保証可能(特許出願済)なため,ユーザー装置内に取り付ける際の位置調整を最小化でき,短い納期で高い精度の計測が求められるアドバンストオートメーション,自動車産業,半導体産業に適しているとする。

出力データも低ノイズで定評の生データと共に様々な形状に対応する2段階のフィルタリングによる最高クラスの高安定な計測も可能となっている。従来シリーズ同様に表面状況によって露光時間を自動にリアルタイムでコントロールする機能が搭載されているので,様々な表面状況の計測を求められる計測も,ユーザーが設定の手を煩わさずに計測をサポートするとしている。

その他関連ニュース

  • Micro-Epsilon,静電容量変位センサーを発売 2021年02月19日
  • 九大,印刷できる抗原抗体検査用光センサーを開発 2021年02月05日
  • シチズン電子,VCSELでレーザー市場に参入 2021年01月19日
  • 2024年産業用環境センサー市場,1兆4,540億円 2021年01月05日
  • 豊技大,光干渉による半導体ガス検出チップを開発 2020年12月24日
  • 東大,水中で機能する有機センサーを開発 2020年12月02日
  • リンクス,3次元センサーの新モデルを発売 2020年11月02日
  • マウザー,バイオセンサーモジュールを発売 2020年10月29日