海底から宇宙まで,光通信開発が活況


ほぼ蟄居状態の筆者ですが,たまに街に出ると,人出の回復に驚かされます。ラッシュアワーの電車に乗ることは今ではほとんどありませんが,たまに利用する少しピークを過ぎた時間帯の駅や電車も満員状態です。帰宅時間帯など,すし詰めのこともあります。

近隣のショッピングモールも賑わっているし,兎に角,あちこちで三密が復活されつつあって,目出たい限りです。コロナ感染者はこのところ着実に減少していますが,統計を見ていて気になるのは,我が国の感染者数が,他の国に比べてダラダラと緩やかにしか減っていないことです。

もっとスパッと減っている国も多いのに,減少カーブにも国民性が反映しているような気がします。喧しく意見は飛び交っても,マスク着用の習慣はダラダラ続いているし,海外からの観光客も来訪し始めているのに,何かと面倒な国民性ではあります。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • レジリエントな通信システムの構築を目指して 井筒 雅之 2024年02月12日
    • 「新しい社会への変革」が動き出す鍵となるのは? 井筒 雅之 2024年01月10日
    • フローする情報と分極化する社会 井筒 雅之 2023年12月11日
    • 衛星コンステレーションの活用と次世代通信の行方 井筒 雅之 2023年11月10日
    • 巨大企業の社会的影響力 井筒 雅之 2023年10月10日
    • 高まる太陽地球工学の重要性 井筒 雅之 2023年09月12日
    • 基礎研究力育成に地道な努力を 井筒 雅之 2023年08月10日
    • 日本発フォトニクスの隆盛を願う
      日本発フォトニクスの隆盛を願う 井筒 雅之 2023年08月10日