先延ばし(procrastination)

本年3月のナショナルジオグラフィック(日本語版)によると,コロナ蔓延の渦中で「先延ばし(procrastination)」行動をとる人が増えているそうです。悪い結果を招くことが分かっているのに,済ますべき仕事を先延ばしにして,別のことを始めてしまうのです。コロナ下で自由な行動が制約され,欲求不満が高じると,自己制御が効きにくくなって,無自覚に先延ばし衝動が生じ,後回しで良いことを先に始めてしまうのだそうです。

ゲームやウェブブラウズ,爆買いや爆食もこの類かもしれません。理性的な判断に関わる前頭前皮質と,本能的行動を司る大脳辺縁系の活動は,普段はバランスしていますが,不安や恐怖などが強くなると両者のつり合いが崩れ,手っ取り早く欲求を満たすことのできる行動に走ってしまう,と云うことのようです。
   続きを読む   

この続きをお読みになりたい方は
以下のバナー下フォームからログイン・または登録をお願いします。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • AIバイアス問題 井筒 雅之 2021年04月05日
    • SNS社会の影響力 井筒雅之 2021年03月17日
    • 格差と分断 井筒雅之 2021年02月05日
    • 課題山積,2021 年 井筒雅之 2021年01月01日
    • まずは地熱発電から 井筒雅之 2020年12月01日
    • 日本の学術の未来を憂う 井筒雅之 2020年11月09日
    • 気象観測にもっと光技術を 井筒雅之 2020年10月02日
    • 5Gの普及と光アクセス網の整備 井筒雅之 2020年09月01日