自由の女神

自由の女神像(図1)が米国の「デザイン特許」として1879年に登録されていたそうです。権利期間は14年間で1893年に権利は消滅していますが,米国特許法では“通常の特許(Utility Patent)”の他に“デザイン特許(Design Patent)”,“植物特許(Plant Patent)”の3つが“特許”として位置付けられています。日本では“Utility Patent”に相当するものが「特許」と「実用新案(米国には実用新案制度は無い)」であり,“Design Patent”に類するものは“意匠法”によって守られる意匠(物品の外観についてのデザイン)に相当し,経産省(特許庁)管轄の“産業財産権”に含まれます。前書きが長くなりましたが今回はそんな自由の女神(Statue of Liberty)に関わる知的財産の周辺を追ってみました。

この続きをお読みになりたい方は
読者の方はログインしてください。読者でない方はこちらのフォームから登録を行ってください。

ログインフォーム
 ログイン状態を保持する  

    新規読者登録フォーム

    同じカテゴリの連載記事

    • 感性工学の世界 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年10月06日
    • タカラトミーの玩具 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年09月07日
    • 氷とかき氷 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年08月01日
    • 商標から見る“コロナ” 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年07月07日
    • 佐久間象山の創作 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年06月22日
    • 宇宙での特許 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年05月12日
    • 漆の技術 熟成考房舎 鴫原 正義 2021年04月05日
    • 印章と電子署名 熟成考房舎 鴫原正義 2021年03月17日